【ノーマル編】フルモデルチェンジ版・ホンダの新型「N-WGN」に試乗しての感想を聞いてきた。現行との違いは?乗り心地や加速感、走行性能も!

2019-06-07

~徐々に新型「N-WGN」の情報が明確に。今回はノーマルモデルの試乗感想編~

7月末頃よりフルモデルチェンジ版として発表・発売されるホンダの新型軽トールワゴン「N-WGN」。
既に当ブログでも、以下の関連記事の通り細かい情報(デザインや装備内容、オプション、グレード、ボディカラー等)をどこよりも明確にお伝えしてきましたが、今回はディーラのセールスさんが試乗しての感想をご紹介していきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型「N-WGN」では、上の画像にもある通り、既に開発車両も何度か目撃されており、奥のモデルが”ノーマル”、手前のモデルが”カスタム(Cumtom)”であることも明確になっています。
セールスさんの社内向け試乗会においても、既にノーマルとカスタムの両方を試乗済みということで、それぞれの乗り心地や走行性能等も行っているとのことで、その細かい情報もヒアリングすることができました(セールスさんには心から感謝)。
今回は、【ノーマルモデルの試乗感想】を以下にまとめていきたいと思います。

※セールスさんの感想は、贔屓的なところもあり、ニュアンス的な部分も多く直観的なコメントがほとんどなので、内容によっては参考になる・ならないもあるので、そのあたりは予めご了承ください。

▽▼▽カスタム編の試乗感想記事はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

~早速セールスさんの試乗感想をチェックしていこう~

外観インプレから車内乗り込みまで

まず、今回試乗したノーマルモデルは、自然吸気系(以下、NA)の”Lグレード”とターボ系(以下、ターボ)の”Lターボ”の2種類。
デザインとしては上の画像にもある通り、現行の「N-BOX(エヌ・ボックス)」のような丸目タイプを採用しながらも、スタイリングも同様に丸っこくコロンとした印象とのこと。
軽トールワゴンワゴンとは言いながらも、そこまで車高が高いようには感じられなかったようです。

いざ新型「N-WGN」の車内に乗り込んでみると、シートの座り心地は非常にマイルドで、適度なカタさの中に包み込んでくれるフィット感もあり、安心感もあるとのこと。
シート調整はもちろん手動で、スライドや背もたれ、シート高さを調整しての室内空間は非常に広々としていて、圧迫感は無かったようです(ちなみにセールさんは170センチ前半で普通体型)。

シート調整完了後、強くブレーキを踏みながらエンジンスタートしたところ、エンジンの始動音が微かに聞こえるぐらいで、車内へと響き渡るような音もなく、遮音性はかなり高いようですね。これはNAとターボでも同様で、いずれも走り出すまでの感覚的な違いは全くないとのこと。

~「N-WGN」の走りだしと加速はどうだ?~

今回の試乗モデルでは、フルモデルチェンジによって新たに搭載される「電子制御パーキングブレーキ」と「オートブレーキホールド(ホンダ軽としては初)」が標準装備されているとのことで、サイドブレーキ等は無く、そのままシフトノブを”D”レンジに入れれば、パーキングが解除されてクリープ走行が可能となります。

試乗コースは基本的にサーキットになるため、まずは強めにアクセルを踏み込んでいきます。
この際の加速力としては、ボディが30kg近く軽量化されていることからNAもターボも非常に滑らかな加速とのこと。
但し、ターボはトルクが高い分、走り出しは相当にパワフルなので加速時のストレスの低さは圧倒的にターボの方が上とのことでした。

停車時からの加速や、中速40~50km/h域からのフル加速もそうですが、これはNAとターボ共通で現行モデルに比べて”伸び伸びした加速感”が伝わってくるようで、おまけに加速時の静粛性も高く、加速時の車体が”ガタガタ(ブレ?)”した感じも無く、CVTトランスミッションも回転数が低い状態をキープしてくれるので、軽自動車特有の加速時の目立つ騒音を結構抑えているようにも感じられたそうです。

~「N-WGN」のコーナリングや乗り心地はどうだ?~

続いては、コーナリングや走行性能、乗り心地について。
これについてはセールスさんも驚いていた部分も多く、ある程度加速した後のコーナーへの進入時は、ほとんど外側に膨らむことなくロールも抑えられ、車内での体の揺れ具合も結構抑えられているようです(シートのフィット感もかなりのプラス評価になっている)。この辺りは現行モデルに比べて大きく進化したところでもあるようですね。

コーナーを通過して直線に移り変わった時の車体の姿勢も非常にナチュラルですし、目線も安定していることから、この辺りは軽トールワゴンとは思えぬ走りを提供してくれるとのこと。
乗り心地については、現行モデルと比較しても少しカタメのようで、しかしガッチガチの不快となるようなカタサではないため、乗り物酔いの激しい人でも、少しは安心して乗れるのではないか?ともコメントしていましたね。

トータルしてみると、全体的に評価はかなり高くなっているようで、現行「N-BOX」を凌駕する走りを提供していることは確かだそう。
あとは、デザインや装備内容と価格帯のバランスがマッチできるかどうかだと思うので、この辺りは少しでも情報が明らかになり次第、随時更新していきたいと思います。

☆★☆新型「N-WGN」グレード別価格帯・メーカオプション・主要装備・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」試乗感想・関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」パンフレット・カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「N-WGN」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう