トランプ大統領専用車両「ビースト」で更に知名度アップ。4気筒エンジン&320馬力発揮のキャデラック・最新セダン「CT4-V」がデビュー

~国本のタイミングを狙っていた?最新セダン「CT4-V」が世界初公開!~

先日の国賓にてアメリカ大統領のドナルド・トランプ氏が日本に来日し、その際に使用された大統領専用装甲車両であるキャデラック「ビースト」により、キャデラックの知名度が一気にアップ。

そのタイミングに合わせてなのか、キャデラックから新たなるセダンモデルとして「CT4-V」が世界初公開されました。
今回発表されたモデルは、コンパクトセダン「ATS」の置き換えモデルとして登場し、スタンダードモデルとなる「CT4」よりも先にハイパフォーマンスモデルとなる「CT4-V」が登場するという珍しい流れとなっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ラグジュアリーに加えてスポーツ性能も高めたセダン~

外観については、大型セダンの「CT-5」と共有するデザイン言語を持ち、「ビースト」のようなフロントヘッドライトとフロントグリルを採用したダイナミックでスポーティなフロントフェイスを持ちます。

サイドからみたスタイリングは中々にボリューミー。
いかにもラグジュアリーな4ドアセダンといった印象で、しかしドアサイドパネルからトップルーフまでの上部にかけてはクーペのようにかなりコンパクトにまとめられています。

リヤデザインのこんもり具合は、セダンというよりもSUVに近いものがありますね。
リヤテールランプは縦型で非常にスマートになり、リヤエキゾーストシステムも両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストパイプとなります。

インテリアは非常にシンプル。
運転席のインフォテイメントシステムはアナログメータのままとなり、センターディスプレイは8~9インチの中型を採用していますね。
センターコンソールやドリンクスペースも縦長となるように上手く収納されていますが、個人的にはドリンクスペースは縦ではなく横列にすることで利便性を向上させてほしかったところ。

新型「CT4-V」は、コンパクトと言いながらもその大柄な車体となるフロントフード下には、排気量2.7L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力320hp/最大トルク500Nmを発揮。
このスペックは、以前市販化されていた「ATS-V」の464hpに比べて下回る数値ではあるものの、その一方で車体重量配分が50:50となるハイパフォーマンスシャシーを搭載したスポーツ仕様となるため、トータルバランスにおいても圧倒的に「CT4-V」の方が上になると言われています。

駆動方式については、後輪駆動(FR)/四輪駆動(AWD)の何れかから選択が可能で、トランスミッションは10速ATを搭載。
その他については、後輪駆動モデルについては、キャデラック・マグネティック・ライド・コントロール4.0によってスリップを制御し、AWDモデルについては、ZF MVSパッシブダンパーを備えることで最適な乗り心地を提供します。
足回りについては、12.6インチローターを装着したブレンボブレーキをフロントにインストールし、更に好みに合わせてV-modeを備えるビークル・コントロールモードが採用されます。

発売日については明らかにされていませんが、予定としては2020年初めになると思われます。

~プレスリリース~

新型「CT4-V」に関するプレスリリース内容は以下の通り。

Cadillac Reveals First-Ever CT4-V and CT5-V

Expanded lineup adds more choices for spirited performance. Highlights include available Super Cruise, AWD, Magnetic Ride Control 4.0, eLSD and new V-Mode

Driven by Cadillac’s latest turbocharging technology and building on more than 15 years of performance credentials, the first-ever 2020 CT4-V and CT5-V were unveiled today, expanding choices for the brand’s V-Series performance sub-brand.

Following the 2019 CT6-V, they grow the V-Series family with even more levels of performance, while preserving the lineage established by the original V-Series lineup introduced in 2004.

“The new V-Series sedan lineup defines modern sophistication by combining luxury appointments with thoughtful technology and athletic refinement for the discerning enthusiast,” said Brandon Vivian, Cadillac executive chief engineer. “We are inviting even more customers into the V-Series family by adding a new level of elevated performance between our Sport models and the ultimate, high-performance track capability that the V-Series has grown to represent.”

The first-ever CT4 and recently introduced CT5 represent Cadillac’s realigned sedan portfolio, characterized by new proportions, innovative technologies and more appearance and performance choices. Each is built on Cadillac’s award-winning rear-wheel-drive Alpha architecture, with the V-Series models developed to deliver the ultimate blend of performance, presence and road-going refinement.

Both share the latest standard V-Series performance technologies, including Magnetic Ride Control 4.0, which is tuned specifically for V models to enhance comfort without sacrificing performance-oriented responsiveness, and drive modes that include new V-Mode personalization. Each model is available in RWD or AWD and features a 10-speed automatic transmission, Brembo front brakes with eBoost electronic assist and a limited-slip rear differential on CT4-V and electronic limited-slip differential on CT5-V.

Cadillac’s exclusive Super Cruise1, the first true hands-free driver assistance feature for the freeway, is available on more than 130,000 miles of limited-access freeways in the U.S. and Canada. It will be available on both new V-Series models.

“The new lineup expands the V-Series ethos, drawing more customers into the Cadillac Performance family, and the newest Vs are focused on elevated athleticism and luxurious refinement for customers wanting a dynamic daily drive,” said Mark Reuss, GM president. “And this is only the beginning of the V family. Cadillac’s passion for performance shines on a racetrack. Stay tuned.”

Vehicle highlights
CT5-V — The first-ever CT5-V builds on the precision-focused details of the all-new luxury sedan introduced earlier this year to offer elevated road performance and an engaging driving experience.

○Powered by Cadillac’s high-output 3.0L Twin Turbo V-6 engine, which uses low-inertia turbochargers to enhance power production across the rpm band. It is rated at a Cadillac-estimated 355 horsepower (265 kW), pending SAE certification.
○10-speed automatic transmission.
○Electronic limited-slip rear differential.
○Standard RWD and available AWD.
○V-Series performance chassis with Magnetic Ride Control 4.0.
○Performance Traction Management.
○Vehicle Control Mode with customizable V-Mode.
○Brembo front braking system.
○19-inch wheels and summer-only performance tires2 (all-season tires available with AWD).
○Dark exterior accents and V-Series mesh grilles; unique rear diffuser and quad exhaust tips.
○Super Cruise1 available.
○Unique performance persona instrument cluster and V-Mode steering wheel control.

CT4-V — Developed for a new generation of sedan customers, the first-ever CT4 blends nimble handling and Cadillac’s signature technology. The CT4-V takes these traits further, infusing the brand’s racing DNA for a dynamic, responsive and exhilarating driving experience.

○Powered by Cadillac’s high-output 2.7L Turbo engine featuring a unique three-step sliding camshaft that helps optimize performance at all speeds. It is rated at a Cadillac-estimated 320 horsepower (239 kW), pending SAE certification.
○10-speed automatic.
○Limited-slip rear differential.
○V-Series performance chassis with Magnetic Ride Control 4.0 (on RWD) or ZF MVS passive dampers (on AWD).
○Vehicle Control Mode with customizable V-Mode.
Brembo front braking system.
○18-inch wheels and summer-only performance tires2 (all-season tires available with AWD).
○Near-perfect 50/50 weight distribution for an exceptional feeling of balance and control.
○Dark exterior accents and V-Series mesh grilles; quad exhaust tips, unique rear spoiler design that helps reduce rear lift while increasing grip for the rear tires.
○Super Cruise1 available.
○Unique performance persona instrument cluster and V-Mode steering wheel control.

☆★☆キャデラック関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう