【意外と悪くない?】販売終了したばかりとなる三菱「パジェロ」の次期モデルはこうなる?というレンダリングが公開

~販売終了したばかりとなる「パジェロ」の次期レンダリングが早くも公開!~

先日、日本での販売が終了したばかりとなる三菱のオフロードSUVモデル「パジェロ(Pajero)」ですが、早くも次世代モデルが登場したら?というレンダリング画像が公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

オフロード四輪駆動モデルといえば、メルセデスベンツ「Gクラス」やスズキ「ジムニー/ジムニー・シエラ」、ランドローバー「ディフェンダー」等がラインナップされていますが、そういったモデルたちに負けないインパクトを持った三菱ならではのデザイン性を持たせての次期レンダリング画像となっています。

スポンサーリンク

~元々SUVモデルが発症のグリルなだけに「パジェロ」への採用も悪くない?~

早速フロントデザインを見ていくと、やはりフロントエンドには三菱のアイデンティティでもあるダイナミックシールドグリルが採用され、何かと話題となるカミソリグリルも健在。
そしてフロント上部には釣り目タイプのLEDデイタイムランニングライトが搭載され、その下にはスプリットヘッドライト、そしてその下には丸型のフロントフォグランプというレイアウトになっています。

フロントロア部分には、樹脂かアルミかは不明ではあるものの、オフロードモデルらしいロアプレートが設けられ、車高自体も相当に高くアプローチアングルも現行モデルよりも更に改良されているように思えますね。

こうしてみると、「三菱はやっぱりこのデザインで攻めてくるのか」と思ってしまうところですが、個人的には”SUVモデルであれば”ダイナミックシールドや特徴的なLEDデイタイムランニングと独立式のヘッドライトのセットはアリで、ミニバンやコンパクトモデルへの流用は”ちょっと違うかな?”と思うのが正直なところ。

どちらかというと、こういったド派手なデザインはSUV向けなんじゃないのかな?と思うんですよね。
実際にダイナミックシールドが本格的に量産車へと採用されるようになったのはSUVモデルの「アウトランダー」ですし、そこから更にSUVモデルの「エクスパンダー/エクリプス・クロス」と展開されているため、本来はSUV向けのために開発されたものなのかもしれません。

~フルサイズ風のスタイリングでオフロードには持って来い!~

サイドから見てみるとこんな感じ。
ボディラインとしては「アウトランダー」に近いゴツさがありますが、こういったオフロードモデルっぽいところが「パジェロ」の個性なのかもしれません。
足もとのV字スポークホイールもカッコよく、敢えてブラックプラスチックのフェンダーモールを装着しないところもスマートでカッコいいです。

~リヤは完全に攻め込んだ4本だしマフラのレイアウトに~

リヤデザインはかなり攻め込んでますね。
「エクリプス・クロス」のような逆C字リアテールを採用し、しかしテールランプ同士が直結しない独立式というのも新しいところ。
そしてリヤエキゾーストは、まさかの両サイド2本だしとなるクワッドエキゾーストシステムを採用。これが本当に採用されることを願うばかりです。

なお、今のところ次世代「パジェロ」の開発に関する噂は一切ありませんが、その一方でコンパクトモデルとなる「パジェロ・ミニ」が登場するとの噂が浮上しています。
個人的には、いずれのモデルも日本での再販を期待したいところですし、間違いなく注目されるモデルとなるでしょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう