日本の過激チューナでお馴染みリバティーウォークがトヨタ・新型「プリウス」をカスタム。新デザインホイール装着でイカツさ満点

~リバティーウォークが今話題の「プリウス」をカスタム~

暴走族をモチーフにしたシャコタン改造を全世界に知らしめた日本の過激チューナでお馴染みリバティーウォーク(LB Performance)が、トヨタのハイブリッドモデル新型「プリウス」を過激カスタム。

今回リバティーウォークが発表したのは、OTTパッケージと呼ばれるアップグレードキットで、同社のアイデンティティでもあるボルトオンフェンダーを敢えて避け、そして新開発のフロント・リヤエプロンとサイドスカート、ウィンドウデフレクター、ダックテールスポイラーを装着したゴリゴリ仕様となっています(エアサスによって調整された足元のツライチ具合はかなり変態)。

スポンサーリンク

~ホイールは新デザインで非常にシンプルな作りに~

ちょっとした段差でもすぐにダメージを与えてしまいそうなフロント・リヤスポイラーの価格は、意外にもリーズナブルな約26.8万円で、足元に装着されたかなり肉薄のデュアル5スポークアルミホイールは約49万円の販売となります。

足もとのホイールサイズに関する詳細は不明ですが、グロスブラックに仕上げられたことで高級感とスポーティ感が追加。
それほど深リムではないところもリバティーウォークらしくないシンプルなホイールではありますが、今回発表された「プリウス」以外にもスポーツクーペにも十分にマッチしそうですね(個人的にはマセラティ「グランツーリズモ」あたりがベストかと…)。

ホイール以外においては、コイルオーバー式サスペンションが約18万円、エアサスペンションが約85万円と最も高価なアクセサリアイテムとなります。

☆★☆リバティーウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう