全世界に衝撃を与えたシボレー・新型「コルベットC8」の価格帯は約600万円。日本での価格はいくらになるのか早速ディーラにて確認してきた!【動画有】

~新型「コルベットC8」は間違いなく世界のスーパースポーツ市場に衝撃を与えた一台~

先日7月19日(金)に世界初公開され、とてもアメ車とは思えない程に洗練された外観と、フロントからリヤミドシップへと大胆に変更されたエンジンマウント、そして何よりもアメ車らしい排気量6.2L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力490hp/最大トルク630Nmを発揮するというとんでもないスペックを持ちながらも、その価格帯は約600万円というコスパ最強のシボレー・新型ミドシップスーパースポーツ「コルベット・スティングレイC8(Chevrolet Corvette Stingray C8)」。

前後重量比ははっきりとはわからないものの、「コルベットC8」開発陣曰く、トータルバランスは非常に高いとのことで、その証拠に直線での加速性においては、0-100km/hの加速時間が3秒未満になるとのことで、その速さはフェラーリやランボルギーニといったエントリーモデルよりも優れた加速性能を持つため、それだけのスペックでありながらも約600万円という価格帯はもはや常軌を逸したレベルではありますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~スーパースポーツの常識を覆しているのはスペックと価格だけではない、実用性もだ~

優れているのはデザイン性だけでなく実用性にも十分富んでいて、何とこのモデルはエンジンがリヤミドシップにありながらもしっかりとリヤにもトランクスペースが設けられており、ゴルフバッグも収納できるほどの優れもの。

これまでのリヤミドシップモデルはフロントにのみトランクというイメージでしたが、「コルベットC8」の場合はフロント・リヤ両方にトランクがあるため、トラベルにも適した1台となっています。

そして何とリヤエンジンフードにはガラスが採用され、フェラーリのように見せるエンジンを設定。
こういったオシャレなデザイン性もアメ車では中々実現できなかったことですし、何よりもやはり約600万円という価格帯でこれだけの魅せるパフォーマンスを作り上げたことがとんでもなく凄いことだと思いますね。

ちなみに、実用性に富んだマクラーレン「GT」では、確かにリヤハッチ部にゴルフバッグは収納できるものの、リヤエンジンが上のように見えることは無かったので、デザインと実用性をしっかりと両立しているのは「コルベットC8」となります。

足もとのブレーキディスクはさすがにカーボンセラミックではなく鋳鉄製ですが、とにかく大口径でレッドのブレーキキャリパとの相性も抜群。ホイールのデザインもカッコいいです。

~アメリカ市場では約600万円から、それでは日本ではいくらからなの?~

ちなみにこの新型「コルベットC8」、アメリカ価格では約600万円ではありますが、気になる日本市場でも販売されるのか、もし販売されるならいくらになるのか気になったので最寄りのシボレーディーラに確認してみたところ、日本市場ではいつ頃販売されるかは不明であるも販売の計画はあるそうです。

そして気になる価格帯については、税金等々かさむためどうしてもアメリカ市場よりは高くなるものの、それでも約720万円程になるとのことでした。
大排気量のV8エンジンを搭載し、スペックとしてはスーパーカー並、国産スポーツモデルでいえば、日産「GT-R」やトヨタ「GRスープラ」、ホンダ「NSX」がありますが、明らかにスペックやコスパ、デザイン性においてはこれら3台よりも圧倒的に優れているため、日本でも普通に売れそうな予感がしますね。

日本仕様に関する詳細な情報が入り次第、すぐに当ブログでも公開していきたいと思いますので、検討されている方は毎日チェックして頂けたらと思います!

【Check Out the NEW 2020 Corvette Stingray! | FIRST LOOK】

☆★☆シボレー「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう