神奈川県の中央道にてフェラーリ「488GTB」が大炎上。ケガ人は無し、しかし「488GTB」は全焼で完全修復不可に【動画有】

~これで一体何例目?今度は「488GTB」が炎上する事故が発生~

本日7月31日の15時頃、神奈川県相模原市の中央道上り線野原(談合坂付近)インターチェンジ付近にて、フェラーリ「488GTB」が大炎上→全焼する大事故が発生した模様。

今回の炎上事故について、山梨県警の情報によると「488GTB」を運転していた東京都青梅市の会社役員(44)は怪我もなく無事であったとして、また他車を巻き込むような事故にも発展していなかったことが不幸中の幸いではありましたが、ただ車両が完全修復不可レベルまで全焼してしまったのは非常に残念ではありますね。

スポンサーリンク

~炎上した原因については今のところ不明~

炎上した原因については現在調査中ですが、「488GTB」が片側2車線の追越し車線を走行中に、後続車にパッシングされたため停止、直後にエンジン部分から出火したとして、火は約45分後に消し止められたそうですが、炎天下によるものが原因なのか、それともエンジンに過度な負担をかけていたのか、オイル漏れが発生したのかは不明ですが、それでもこういった事故が発生するというのは非常に恐ろしいことではありますね。

ちなみにコチラが実際に炎上しているところを撮影されたシーン。
車両が登場するのは一瞬ですが、大量の煙がもくもくと発生していることから相当に焼け焦げていることがわかるかと思います。

車両近くに立っているのはオーナーでしょうか?
すぐ炎上したことに気づき、すぐさま脱出できて本当に良かったと思います。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう