岐阜県・各務原まつり2019に行ってきた!リバティーウォーク(Liberty Walk)始め、フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンといった豪華スーパーカー陣達を見ていこう【動画有】

2019-09-16

~各務原まつり2019に集まったスーパーカー達はまさに戦闘機レベルのカスタムが施されていた~

本日9月15日(日)、各務原商工会議所青年部主催による、スーパーカーと自衛隊・戦闘機のコラボイベント「各務原まつり2019」に行ってきました。
イベント開始自体は11時からとなっていて、9時半ぐらいとかなり早めに到着してしまったのですが、まさかの駐車場がほぼ満車状態(11時過ぎ位には県道が3km近くに渡って大渋滞…)。

既にスーパーカー達も展示されていたので、早速各車をチェックしてきましたので一通り見ていきましょう!
なお、今回はダイジェスト版という形でご紹介していくので、各エリアのモデルレビューは後ほど公開していきたいと思います。

スポンサーリンク

~早速戦闘機風にカスタムされたスーパーカー達を見ていこう~

①リバティーウォーク・エリア

本イベントでは、日本の過激チューナでお馴染みリバティーウォーク(Liberty Walk)と自衛隊のコラボがメインとなっていたため、リバティーウォークエリアを大々的に使った活気あるイベントとなっていました。

リバティーウォークエリアはこんな感じで、手前のマクラーレン「650S」ベースとなる「P1」風カスタムモデルを筆頭に、フェラーリやランボルギーニのワイドボディキット装着モデルたちが連なっていました。

こちらはフェラーリ「458イタリア」をベースにした、「ラ・フェラーリ」風カスタムモデル。
ダクトを設けたCFRP製フロントフードのデザインが何とも過激ですね。

こちらはランボルギーニ「アヴェンタドール」ベースのワイドボディキット装着モデル。
右側がガルフデザインで、左側がマルティーニカラーモデルですが、この2台が並ぶというのはかなり珍しいのではないかと思いますね。

こちらも戦闘機をモチーフにした過激カスタムのフェラーリ「458イタリア」と日産「GT-R R35」。
このカラーにサビ風ラッピング、そして外付けリベット留めのオーバーフェンダーという組合わせはかなり強烈なインパクトを与えていましたね。

▽▼▽関連記事はコチラ!▽▼▽

【各務原まつり2019に行ってきた!リバティーウォーク(Liberty Walk)エリアのランボルギーニやフェラーリ、マクラーレン等】

②オートエグゼ・エリア

こちらはオートエグゼ・エリア。
ホンダ(アキュラ)「NSX」やランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン・ペルフォルマンテ」が並ぶ豪華なラインナップ。
そのほとんどが「アヴェンタドール」となっていますが、恐らく全体のエリアの中で一際異彩を放っていたと思いますね。

こちらはかなり注目を集めていたアキュラ「NSX」。
おそらく並行輸入にて納車されたモデルだと思われ、左ハンドル仕様、マフラも社外製を装着していたため爆音でした。

こちらは以前、長野県にて単独取材を予定していたブルー・ルマンのランボルギーニ「アヴェンタドールSV」。
こちらの都合にて取材はできませんでしたが、今回このようなイベントにてお会いできたことを嬉しく思います。
心より感謝申し上げます。

その他、過激カスタムされた「アヴェンタドールLP700-4/アヴェンタドールSV」達(どんだけ「アヴェンタドール」いるのよ!)。

これだけ「アヴェンタドール」が揃うのも珍しいですが、やはりその景色は圧巻です…

そしてとんでもないカスタムを施した「アヴェンタドール」。
パープルのボディカラーにワイドに張りだしたウィングレット付のフロントエアロ、そしてフロントフードにはスワロフスキー付のファイティングブル(闘牛)がデザインされていますね。
こちらのモデルもかなり注目を浴びていました。

▽▼▽関連記事はコチラ!▽▼▽

【各務原まつり2019に行ってきた!ランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン」の豪華ラインナップ!】

③フェラーリ&ランボルギーニのリバティーウォークカスタム・エリア

続いてはリバティーウォークカスタムが映えるフェラーリ・ランボルギーニエリアへ。
手前のフェラーリ「458イタリア」の過激ワイドボディキットもかなり強烈ですね。

こちらは純正のランボルギーニ「ディアブロ」。
今もなお色褪せないその直線を描くボディラインは、まさにスーパーカースタイル。
シンプルでありながらもとても目立つ一台だったと思います。

こちらはランボルギーニ「ムルシエラゴ」のリバティーウォークカスタム。

手前からランボルギーニ「アヴェンタドールS/ウラカン/アヴェンタドール/アヴェンタドールSVロードスター」。
この組合わせも中々に凄いですね。

▽▼▽関連記事はコチラ!▽▼▽

【各務原まつり2019に行ってきた!ランボルギーニやフェラーリの豪華ラインナップエリアを見ていこう】

④フェラーリ&ランボルギーニ&フォードのリバティーウォークカスタム・エリア

こちらはフェラーリをメインとしたリバティーウォークカスタムエリア。
上品なフェラーリも、ここまで族車風に変貌すると大きく印象が変化しますね。

その中でも個人的に注目していたのは上の「458イタリア」。
フロントノーズが「エンツォ・フェラーリ」風に突き出たデザインとなっていてとにかく過激。
フロントフードのブラックのアクセントも強烈です。

まさかのフォード「マスタング」ベースの過激ワイドボディキットも。

フェラーリ「458」とフォード「マスタング」、そしてランボルギーニ「アヴェンタドール」の過激ワイドボディトリオも。

これはもう文句なしにヤバい一台。
かなりメンテナンスが難しそうな一台ですね。

※リバティーウォークカスタムエリアの記事は後ほど公開予定

 【各務原まつり2019に行ってきた!フェラーリ、ランボルギーニ、フォードの豪華ラインナップエリアを見ていこう】

⑤ドイツ御三家&日産のリバティーウォークカスタム・エリア

最後はメルセデスベンツと日産、アウディ、BMWといった欧州・国産モデルのリバティーウォークカスタムエリアを見ていきましょう。

うん、とにかく「GT-R R35」が多すぎ!
ってかここまでリバティーカスタムしたR35が居たことに驚きです。

もちろん、アウディやBMWといった欧州モデルのリバティーウォークカスタムも充実していました。

▽▼▽関連記事はコチラ!▽▼▽

【各務原まつり2019に行ってきた!アウディ「R8」や日産「GT-R」、BMW「M3」といった過激チューニングモデルを見ていこう!】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう