2020年モデル・いすゞ新型「D-MAX」の実車が世界初公開!想像以上にカッコいい…これだけの迫力で価格は約182万円から

~これが実写版となる新型「D-MAX」の姿だ!~

先日、いすゞのフルモデルチェンジ版・新型ピックアップトラック「D-MAX」が初公開されましたが、今回遂に実車モデル並びに価格帯も判明。
いすゞの新時代を築き上げることになるであろう新型「D-MAX」ですが、そのアグレッシブな顔つきと、マツダ「デミオ」やスズキ「スイフト・スポーツ」のようなスポーティさと愛嬌のある顔つきが非常に印象的であり、既に販売が決定しているタイ市場では前評判が非常に高いそうです(日本で市販化されないのが非常に残念…)。

そして今回公開されている実車モデルを拝見していくと、そのダイナミックなボディとデザインは、イメージデザインよりも立体感が強く、それでいて「これって本当にいすゞなの?」と疑ってしまう程の高級感とイカツさがありますね。

スポンサーリンク

~カッコいいのはフロントだけでじゃない!リヤの完成度もかなり高いぞ!~

ちなみにコチラがリヤデザイン。
ちょっと説明が遅れてしまいましたが、新型モデルではシルバーカラーもラインナップされているものの、この色味がまた渋くてクール。
最近のトレンドカラーとなりつつあるシルバーですが、こうしたピックアップトラックモデルにブラックのオーバーフェンダーを装着した際の組合せは非常にグッドだと思います。

リヤテールランプもかなり立体感と精悍さがありますね。
横型ではなく、敢えて縦型のスクエアタイプを2列にしてきたのは素晴らしいと思います(これもマジでカッコいい)。

~異なるボディカラーでもその表情は大きく変化する~

そしてこちらはブラックカラーに身を纏った新型「D-MAX」。
先ほどのシルバーの個体は異なり、フロントエンドの牙の様なデュアルバーやサイドステップフレームがピアノブラック調にペイントされておらず、メッキ調に仕上げられています。
もしかするとグレードによってこの辺りのデザイン性が異なってくるのかもしれません(ホイールカラーも異なっているので…)。

そしてこちらがよりスポーティなブルーの個体。
先ほどのブラックのボディカラー同様に、メッキ調のアクセントとの相性も良いものの、ピアノブラック調との組み合わせもマッチしそうな程に上品な色合いとなっています。

~気になるボディサイズや価格帯は?~

ちなみに、今回のフルモデルチェンジによりプラットフォームが新しくなり、車体サイズは全長5,265mm×全幅1,870mm×全高1,790mmと、前世代よりも全長が-30mm短く、全幅が+10mm幅広、そして全高が-5mm低く重心も下がっていて、安定感を高めた走りを提供するとのこと。

パワートレインについては、大きく2種類がラインナップされるとのことで、一つは排気量1.9L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力150ps/3,500rpm、最大トルク350Nm/1,800rpm~2,600rpmを発揮。

もう一つは、排気量3.0L 直列4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載し、最高出力190ps/3,600rpm、最大トルク450Nm/1,600rpm~2,600rpmを発揮します。
気になる価格帯についてですが、約182万円~約416万円とかなり幅は広いですが、リーズナブルな価格帯から購入できるというのは非常に嬉しいですね。

☆★☆いすゞ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう