何コレ凄い!レクサス仕様にカスタムされたトヨタ新型「アルファード」が登場。スピンドルグリルを得て「LM」並みの迫力に【動画有】

~やはりスピンドルグリルの存在感はとてつもなかった~

トヨタの新型「アルファード(30系後期仕様)」をベースに、レクサスの象徴ともいえるスピンドルグリルを移植したカスタムモデルが登場。
既にレクサスからは、トヨタ「アルファード」ベースのフラッグシップモデルとなる「LM300h/LM350」が発表されていますが、「LM」並みのインパクトとアグレッシブさを発揮したカスタムモデルに仕上がっていますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速そのインパクト大ともいえるカスタム内容を見ていこう~

過去にもこうしたレクサスのスピンドルグリルを装着したカスタムモデルは拝見したことがありましたが、改めてこうして見てみるとミニバンの限られたフロントエンドの面積に対して、圧倒的な支配率を持つスピンドルグリルをここまで上手く収めることができていることに非常に驚きです。

因みにフロントグリルとバンパーについては、ROJAM製GENIC IRTを装着し、各色にフロントヘッドライト用のアイラインを装着することで表情の印象をガラッと変えていますね。
また、レッドの「アルファード」に関しては、サイドパネルにブラックパールのアクセントを加えることでメリハリを付けています。

リヤデザインもかなり過激。
真っ先に目が行くのがリヤテールランプですが、まさかの兄弟車種となる「ヴェルファイア」のテールランプを移植してくるとは想像もしていませんでした(これは驚き)。

各色によってリヤマフラのレイアウトが異なり、リヤウィングの形状が異なることはもちろんのこと、KENSTYLE製リヤハーフスポイラーやAIMGAIN製リヤバンパーを装着するなど、かなりの個性を主張してくる内容に仕上げられています。

足もとのアルミホイールについては、ホワイトの個体の方が21インチのゴールドタイプとなる21インチのAmistad REIHEN M07 GSBアルミホイールを装着し、レッドの個体の方が21インチのデュアルトーンタイプとなるkranze Weaval大口径アルミホイールを装着。

ちなみに足回りについてはエアサスペンションをインストールしているため、段差にて擦る心配はないものの、それでも純正よりは低くなっているため、かなり気を遣って走らなければならないでしょうね。

【30系 後期 アルファード ALPHARD produce G style】

☆★☆「アルファード」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう