フルモデルチェンジ版・シボレー新型「コルベットC8」の人気がスゴイ…何と2020年モデルの生産上限となる約4万台が完売

~新型「コルベットC8」の人気はまだまだ落ち着くことはなさそうだ~

UAW(全米自動車労働組合)とゼネラルモーターズ(GM)のストライキ継続により、シボレーのフルモデルチェンジ版となる新型ミドシップスーパースポーツ「コルベットC8(Chevrolet Corvette C8)」の市場投入が当初の計画よりも大幅に遅れており、2020年2月まで生産が開始されないことが明らかになっていますが、何とこの個体の2020年モデル分となる約40,000台が完全に完売したとのこと。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~新型「コルベットC8」は今後値上げすることは間違いない。だからこそ今購入したのは大正解だ~

ただ、この約4万台という数字がクーペタイプとなる「コルベットC8スティングレイ」のみを指しているのか、オープントップモデルとなる「コルベットC8コンバーチブル」も含めているのかは明らかになっていないものの、販売当初の段階でこの台数が完売するというのは異例とのことで、いかに今回のミドシップスーパースポーツのデザインや性能、そしてコスパが優れているのかがよくわかるかと思いますね。

これまでは、庶民的なスポーツカーとして2ドア&4シータのシボレー「カマロ」が主流であったのに対し、金銭面に余裕のあるユーザーが2ドア&2シータの「コルベット」を選択するという流れでしたが、今回の新型「コルベットC8」は約640万円から購入できる(トヨタ「GRスープラ”RZ”」で約700万円)ことを考えると、そういった考え方は古くなり、誰もが手の届きやすいスーパースポーツへと進化したのだと思いますね。

なお、今のところ初期ロットモデルの納車時期は2020年春頃を予定しているとのことですが、コンバーチブルモデルは更にその先となる夏以降を予定。
前回の記事でも説明しましたが、新型「コルベットC8」は売れば売るほどに赤字となるモデルだそうで、2021年以降には大幅な値上げとなることが予想されます。
現時点で先行オーダーを掛けた方々はある意味ラッキーだと思いますね。

☆★☆新型「コルベットC8」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう