フルモデルチェンジ版・ホンダ新型「ヴェゼル」が2020年12月に登場するとの噂が浮上。フロントフェイスは新型「フィット4」風、新世代プラットフォームも採用?

~次期「ヴェゼル」も新型「フィット4」顔になる?~

いよいよ2020年2月14日より、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型「フィット4(Honda FIT 4)」が発売スタートとなりますが、その一方で同社の大人気モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヴェゼル(Honda Vezel)」が、2020年12月にフルモデルチェンジを果たす可能性があるとの噂が浮上しています。

自動車情報誌マガジンXを参考にさせていただくと、新型「ヴェゼル」のフロントフェイスは、これまで採用されてきたアグレッシブなフロントフェイスではなく、新型「フィット4」のように柴犬ような柔らかくキュートな印象を受けるデザインとなる可能性があり、フロントヘッドライトはプロジェクタ式の二眼LEDヘッドライト、U字型をイメージしたLEDデイタイムランニングライト、そしてフロントグリルは最小限に抑えられたデザインとなり、「フィット4」のSUVテイストグレードとなるCROSSTAR(クロスター)に近い印象を受けますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ホンダもようやくデザインの方向性が定まってきたように感じる~

ちなみにCROSSTARグレードの新型「フィット4」はこんな感じ。
グリルレスを採用したハッチバック仕様に比べるとアクティブな顔つきであり、今後こうしたデザインがホンダのSUVモデルに採用されている可能性が高そうですし、ようやくホンダらしいアイデンティティを導き出してきたのではないかと考えています(個人的にはこうした柴犬的な顔つきは愛着があって好み)。

またプラットフォームについても、新世代ホンダ・アーキテクチャを初採用するとのことですが、これにより現行モデルよりも剛性や車体重量の軽量化はもちろんのこと、近年のトレンドにもなっているロングホイールベースの延長と車高のローダウンによるクーペSUVチックなスタイリングとなる可能性も十分に高そうですね。

そうなると競合モデルとしてはトヨタ「C-HR」やマツダ「CX-30」、日産「キックス」あたりが妥当になってくると思うのですが、ホンダが目指す新型「ヴェゼル」の方向性がどういったところにシフトするのかも正直気になるところではありますね。

パワートレインについては、排気量1.5L 直列4気筒自然吸気エンジン(+電気モータ)のガソリンタイプとハイブリッドタイプの2種類がラインナップされる予定とのことですが、ハイブリッドタイプについては、ホンダ新型「フィット4」同様にe:HEVとして登場する可能性は十分高いでしょうね。

また安全予防システムとなるHonda SENSINGについても、新型「フィット4」同様もしくはそれ以上の技術を備えて、より安全性を高めたものに仕上げてくると思われます。

☆★☆ホンダ「ヴェゼル」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう