レクサス「NX/UX」にそれぞれ特別仕様車”Bronze Edition/Blue Edition”を設定!特別な内外装を装備するもガソリンタイプのみの販売、価格は4,050,000円から

~それぞれ特別なカラーリングを持たせた特別仕様車が登場~

2020年1月9日、レクサスのラインナップモデルとなる「NX300/UX200」をベースにした特別仕様車”Bronze Edition/Blue Edition”が発表され、2月3日より発売スタートとなります。
概要としては、「NX」では内外装にブロンズのアクセントを加味し、「UX」は専用内装色となるコバルト&ブラックを採用した特別な一台となります。
また、ガソリンタイプとなる「UX200」においては、何かと不評だったラゲッジスペースを拡大し、ローデッキタイプを採用することで積載性を向上させるとのことです。

スポンサーリンク

~まずは「NX300 Bronze Edition」を見ていこう~

まずは「NX」の特別仕様車を見ていきましょう。
このモデルでは、ガソリンモデルとなる「NX300 I package」をベースにした一台で、ハイブリッドモデルはラインナップされません。

主な特別装備内容としては、足元の18インチ切削光輝アルミホイール(225/60R18タイヤ付)をブロンズ塗装仕上げにすることで、高級感を演出。

そして内装においては、ブロンズカラーの専用オーナメントパネルを採用し、更にはカラードステッチもブロンズに仕上げるという全く新しいデザイン内容となりますね。
このほかにも、スピンドルグリルをブラック塗装に仕上げ、ハンズフリーパワーバックドア、オート電動格納式ドアミラー(ブラック塗装)、ドアミラー足元照明、L tex(合成皮革)シート、そしてフェンダーアーチモールはブラックではなく、ボディカラーと同色に仕上げることですっきりとしたボディに仕上げています。

なお安全装備についても、パーキングサポートブレーキ/ブラインドスポットモニター/リヤクロストラフィックアラートを標準装備するとのことで、非常にお得な内容になっているのではないかと思いますね。
ちなみに、この特別仕様車の価格帯についてですが、前輪駆動(FF)グレードで4,900,000円、四輪駆動(4WD)グレードで5,165,000円からの販売となります。

~続いては「UX200 Blue Edition」を見ていこう~

続いてはエントリーモデルとなる「UX200」の特別仕様車を見ていきましょう。
こちらもガソリンタイプとなる「UX200」のベースグレードがモチーフになっていて、ハイブリッドタイプの「UX250h」は設定されません。

外観については、ルーフレールやLEDフロントフォグランプ、LEDコーナリングランプが標準装備され、足ともには17インチのダークグレーメタリック塗装付きとなるエアロベンチレーティングアルミホイール(215/60R17タイヤ付)を標準装備します。

インテリアについては、専用のコバルト&ブラックを設定するも、シートマテリアルは残念ながらファブリックシートでブラックのみ、ヘアライン加飾のオーナメントパネルやスカッフプレートも標準装備され、中々に豪華な装備内容になっていますね。

そしてこちらがトランクルーム。
ローデッキタイプを採用し、更にはハンズフリーパワーバックドアも装備しているのはありがたいですね。
気になる価格帯としては、前輪駆動(FF)グレードのみで4,050,000円からの販売となります。

☆★☆レクサス関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:LEXUS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう