【これは戦闘機ですか?】東京オートサロン2020にて、計10本出しのとんでもないマフラを装着したトヨタ「200系クラウン」が登場。ゴリゴリカスタムの日産「フーガ」も

~ある意味東京オートサロンにて最も目立つ一台かもしれない~

本日1月10日~12日まで開催中の東京オートサロン2020にて、神奈川県を拠点とするマフラー専門店・センスブランド(Sense Brand)が、とんでもないカスタムマフラを発表しました。
今回発表されたカスタムモデルは大きく2車種で、上の画像のトヨタ「(200系)クラウン」と日産「(Y51系)フーガ」。

まずはトヨタ「クラウン」を見ていくと、特別なワイドボディキットを装着することで、フロントバンパーやインテーク、更にはワイド感を演出するオーバーフェンダーを装着しながらも、足回りは大きくローダウンされたシャコタン仕様に。

フロントヘッドライトはフルスモーク仕様だと思いますが、中々に極悪感漂うフロントマスクに仕上がっていますね。

スポンサーリンク

~もはや戦闘機レベルにクレイジーなマフラレイアウト~

そしてここからが最もヤバイとされるリヤデザイン。
もはや自動車ではなく戦闘機?と言わんばかりの過激すぎるマフラをインストール。
両サイドには竹やりチックなマフラが両サイドそれぞれ2本出し、その内側には大口径マフラがそれぞれ2本出し、そしてセンターにはジェット砲でも噴射するのか?と言わんばかりの超大口径マフラを2本装着し、前代未聞となる計10本出しマフラを実現していますね。

少し角度を変えてみるとこんな感じ。
リヤウィングもかなりど派手であることは間違いないのですが、それをかき消すかの如くマフラのアピール感が凄いこと…一体どのようなサウンドを奏でるのかが気になりますね。

~もしかすると「デヴェル・シックスティーン」を意識したカスタムモデル?~

どことなく見たことあるようなデザインだなぁ…と思ったら、ドバイのハイパーカーメーカであるデヴェルモータース「デヴェル・シックスティーン」の大口径マフラにちょっと似ていますね。
ちょっと話はそれますが、コチラの個体は排気量12.3L V型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力5,000hpを発揮するクレイジー仕様。

日本にも一台だけ納車される予定で、2021年の東京ビッグサイトにて開催予定のメガスーパーカーモーターショー2021にて特別出展されます(このタイミングでドバイ発のWモータース「フェニア・スーパースポーツ」も出展予定)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

~「フーガ」もかなり過激ではあるものの、「クラウン」に比べるとかなり落ち着いたデザイン?~

そしてこちらも過激カスタムが施された日産「フーガ」。
フロントバンパーも大きく変更されたカスタムワイドボディキットを装着し、ゴリゴリのシャコタン&オーバーフェンダーの族車仕様に変化。

こちらもかなり過激な両サイド2本出しとなるクワッドエキゾーストシステムをインストールしていますが、先ほどの10本出しマフラに比べると非常に落ち着いたように見えますね。

東京オートサロン2020の出展詳細はこちらにてまとめております。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:SenseBrand

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう