日産の新型「スカイライン」ベースとなる”スプリント・コンセプト”とロールスロイス風のコンセプトモデル”デラックス・アドバンスド”の完成度はどうだ?早速インプレッションしていこう

~新型「スカイライン」は受注好調。だからこそ日産には元気を出してほしい~

先日開催された東京オートサロン2020にて、日産のマイナーチェンジ版で最高出力400hpを発揮するハイパフォーマンスモデル・新型「スカイライン400R(Nissan Skyline 400R)」をベースにした”スプリント・コンセプト(Sprint Concept)”と、ラグジュアリー仕様にカスタマイズされたコンセプトモデル”スカイライン・デラックス・アドバンスド(Skyline Deluxe Advanced)”が世界初公開されました。

特に前者の”スプリント・コンセプト”ですが、(グリーンのピンストライプが加わるかは不明なものの…)将来的には市販化の可能性も示唆する内容になっているとのことで、かなり注目が集まった一台でもありますね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~スプリント・コンセプトはゴリゴリのレーシングカー風に仕上がっている~

その外観としても非常に個性的で、ホワイトのボディカラーをベースにしつつ、カスタムされたフロントバンパーやリップスポイラー、サイドシルスポイラー、リヤディフューザー、固定式の大型リヤウィング、両サイド1本出しの大口径デュアルエキゾーストシステム等、まるでレーシングモデルをイメージしたかのようなエクストリームスタイルに仕上がっています。

足元のホイールもグリーンのストライプが入って中々にクールですね(グリーンのブレーキキャリパというのもかなり攻め込んでる)。
ちなみに、ホイールはレイズ製20インチ鍛造アルミホイールを装着しているそうです。

こちらがサイドシルスポイラー。
今にも擦りそうなほどに低く、更にはワイド感をかなり強めていますね。

こちらはリヤロアバンパー周り。
リヤマフラはバンパー形状との一体感を持たせるために斜めにカットされているんですね。
ちなみに「20・2」というのは、20の二乗で400になることから、400Rにかけていることと、2020年の”20”を意味しているそうです。

~ラグジュアリー仕様のデラックス・アドバンスドはインテリアに注目~

そしてこちらはブラウン系のボディカラーとシルバーの2トーンにまとめた”スカイライン・デラックス・アドバンスド”。
ボディカラーの組み合わせからして、ロールスロイス「ゴースト/ファントム」といったイギリスのラグジュアリーカーを想起させるデザインとなり、更には中国人が好みそうな2トーンパターンではないかと思いますね(メルセデスベンツ「マイバッハGLS」もこんな感じの2トーンになっている)。

▽▼▽関連記事▽▼▽

こちらのモデルについては、先ほどの”スプリント・コンセプト”に比べてゴリゴリのカスタムではなく、非常に落ち着いた外観を持ちますが、その分カラーリングで異なる個性を発揮しつつ、ラグジュアリーに見せられる部分はメッキなどのアクセントパーツを加味しているのがよくわかります。

足元のアルミホイールもラグジュアリー仕様のマルチスポークタイプとなる20インチを装着。
ホイールにもブラウンのアクセントが含まれているので統一感がありますね。

そしてこちらがインテリア。
実は外観よりもインテリアにとことんまでお金をかけているそうで、コスト制限は完全に振り払い、やりたいことを徹底的にやりつくしたカスタムデザインなのだそう。
シートはフルレザーですし、ダッシュボードなどにはアルカンターラ?が採用されているようにも見えます。

センターコンソールのオーナメントパネルが凄い上質…これだけでとんでもないコストがかかってそうですね。
「フーガ/シーマ」よりもラグジュアリーを極める4ドアセダンではないかと思います。

☆★☆東京オートサロン2020関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:KEYAUTO.MY

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう