【これで2台目…】日本限定555台のみとなるスバル最後のEJ20型搭載の特別仕様車「WRX STI EJ20 Final Edition」がまたもカーセンサーにて転売中。価格は660万円から、新車価格比+約170万円

~これでファイナルエディションの中古車転売は2例目になる~

昨年10月23日に開催された東京モーターショー2019にて、スバル最後のEJ20型エンジンを搭載する限定555台のみ抽選販売された特別仕様車「WRX STI EJ20ファイナルエディション(Subaru WRX STI EJ20 Final Edition)」が世界初公開されましたが、早くも納車されたばかりの個体がインターネット中古車サイト・カーセンサー(販売元は福井県坂井市丸岡町にある栄信モーター・スバルショップ丸岡店さん)にて販売されていました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

そして今回、カーセンサーとしては2例目となる転売モデルがまたまた登場しています。
このモデルの販売元は、岡山県岡山市にあるマルソーオートプラザさんで、走行距離は僅か10kmのみ、そして中古車販売価格としては驚きの660万円からの販売となっています。

スポンサーリンク

~転売モデルはフルパッケージ装着で、新車販売価格であれば485.1万円から~

以前にもお伝えした通り、スバルが限定555台のみ発表したのは、4,521,000円のフルパッケージレスと、4,851,000円のフルパッケージの2種類からで、商談の際に何れかから選択が可能。
フルパッケージの具体的な装備内容としては、アドバンストセーフティパッケージや運転席&助手席パワーシート、RECAROフロントシート、ウェルカムライティングが全て装備されているとのことで、今回販売されている個体も、後者のフルパッケージモデルとなります。

仮に新車価格にて購入した場合、ディーラーが推奨するであろう外付け可能なディーラオプションを諸々装備するとなると、約50万円~70万円になる可能性が高いため、諸経費なども加味すると優に580万円は超えることになりますが、今回販売されている個体は660万円からとなるため、諸経費も含めたら670万円~680万円に到達するのではないかと予想。
つまり、新車販売価格よりも約170万円~200万円ほど高い価格での販売となりますね。

もう少しカーセンサーの情報を調べてみると、どうやら8インチナビゲーションディスプレイやETC、バックカメラ、ドライブレコーダーを装着していないという情報から、ワンオーナーモデルではなくマルソーオートプラザさんが抽選に応募→当選したため、そのままカーセンサーにて転売という流れで販売している可能性も高そうですね。

こうして見ると、このモデルを購入したくて抽選に応募してハズれてしまった人のことを考えると、こうしてすぐに転売され、新車販売価格にて購入できない人が本当にかわいそうと思うばかりです。

☆★☆スバル「WRX」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう