何コレ凄い!ド派手な玉虫色のカラーを持つ日産「GT-R」やランボルギーニ「アヴェンタドール」、マクラーレン「675LT」が登場

何ともド派手なカラーを持つ「GT-R R35」が登場!

イギリス・カーディフにて、何ともド派手な玉虫色に仕上げられた日産「GT-R R35」が登場。
今回目撃されている個体は、プリズムラッピングにて仕上げられたモデルとのことですが、価格帯にするとおおよそではありますが約70万円程にてフルラッピング施工が可能なのだとか。

なお、プリズムラッピングを施工するまでに要した期間は約1か月とされていて、これは玉虫色のラッピングを注文して納品されるまでに要した日数のほとんどを占めているそうです。
ラッピング自体は約2~3日程で完了しているので、玉虫色を引き出すためのカラー技術がどれだけ複雑なのかがわかります。

ちなみに、こうした玉虫色のカラーラッピングを施した個体というのは海外では非常に多く、ランボルギーニ「アヴェンタドール(Lamborghini Aventador)」やシボレー「カマロ(Chevrolet Camaro)」、マクラーレン「675LTスパイダー(McLaren 675LT Spyder)」等幅広いモデルにも採用されています。

日本含め、クロームカラーラッピングが施された個体は多く見かけますが、それにあわせてこうした複雑なカラーリングもトレンドになっているのでしょうね。
やはりこうしたラッピングを施す目的は「目立ちたいから」というのがほとんどなのですが、この「GT-R R35」を所有するオーナーが玉虫色に仕上げた理由は「GT-Rにはこのド派手なカラーが一番似合うから」だそうです。

スポンサーリンク

~「GT-R R35」とは異なる種類の玉虫色ラッピングを「アヴェンタドール」にも採用!~

20160815_5_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

こちらは、カナダにて目撃された玉虫色のプリズムラッピングが施されたランボルギーニ「アヴェンタドール」。
このプリズムラッピングだけでどれだけの価格になるかは不明なのですが、「アヴェンタドール」はなぜかフルラッピングの対象になることが多いですね。

20160815_3_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

なお、先ほどの「GT-R R35」はカメレオンカラーに近いラッピングでしたが、こちらの「アヴェンタドール」はクロームシルバー系に近いを印象を受けますね。

20160815_1_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

別の角度から見てみるとこんな感じ。
やはり光の差し具合によって大きく印象が異なりますね(実車で拝見したら目がチカチカしそう)。

20160815_4_%e3%82%a2%e3%83%b4%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%89%e3%83%bc%e3%83%ab

~世界に1台しか存在しない玉虫色的なボディカラー~

先ほどまで玉虫色のカラーラッピングを施した個体が公開されていましたが、今度は玉虫色に”ペイント”されたマクラーレン「675LTスパイダー」。

「675LT」は、2015年12月にデビューしたマクラーレン・スーパーシリーズ「650S」のハードコアモデルで、大型のフロントスプリッターや大型アクティブ・エアブレーキを備えることで空力特性を向上させています。

ちなみにこの玉虫色に仕上げられたボディカラーは、”アマゾン・カラー・ストリーム(Amazon Colour Stream)”と呼ばれるMSO部門特注の純正ボディカラーだそうで、見る角度によってグリーンやブルー、パープルの色合いを確認することができます。

この特注カラーは、オプション費用として約432万円と非常に高額で、ホンダ「シビック・タイプR」(約450万円)1台購入できてしまう程の高額オプションとなります。

その他のオプションとしては、カーボンファイバパッケージ(約463万円)やフロントフェンダー・ルーバー(約112万円)、プロテクションラッピングが追加されています。

☆★☆ラッピング関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう