フルモデルチェンジ版・日産の新型フェアレディZにロードスターが登場したら?Z34世代のソフトトップルーフ採用でかなり現実的に【動画有】

新型フェアレディZ・ロードスターはオープントップにしてこそ、その真価を発揮するか?

そしてこちらが幌クローズした際のフェアレディZロードスター。

トップルーフはどちらかというとフラットに近い印象で、この辺りはユーザーの好みが大きく分かれそう。

個人的にはレクサスLC500コンバーチブルのような優雅で丸みを帯びたルーフが好みだったり。

ちょっと方向性は異なると思いますが、新型フェアレディZは「筋肉質なボディを演出している」とグローバルデザイン担当専務執行役員のアルフォンソ・アルベイザ氏も説明していたので、これぐらいの滑らかで流麗なボディラインを演出してほしいところです。

▽▼▽関連記事▽▼▽


ところで新型フェアレディZの価格は?

なお新型フェアレディZは、今のところ具体的な販売時期については明らかにしておらず、具体的な価格設定もまだできていないとのことですが、「頑張って手の届くような価格設定にする」との回答から、恐らくエントリーグレードで400万円台からスタートするのではないかと予想されます。

【日産フェアレディZ PROTO発表会場からライブ!/Fairlady Z Proto Preview Live@NISSAN Pavilion Yokohama,Japan】

☆★☆新型フェアレディZ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:みんカラ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう