フルモデルチェンジ版・日産の新型フェアレディZをSUV/4ドアセダンにしてみた。SUVは新型アリア、セダンは新型シルフィとのミックス

意外とすぐ登場しそうで中々登場してこなかった新型フェアレディZのSUV版

2020年9月16日に世界初公開された日産のフルモデルチェンジ版・新型フェアレディZ(Nissan New Fairlady Z)ですが、早くもこのモデルをベースにしたロードスターやNismo、シューティングブレーク、族車仕様、そしてGT3レースカー風の派生レンダリングが公開されてきましたが、今回は更にユニークさを求めたであろうSUVモデルと4ドアセダン仕様のレンダリングが公開されています。

まずはSUV仕様のレンダリングを見ていくと、フロントマスクは新型フェアレディZをそのまま移植するも、フロントのスクエア型グリルは縦長になり更に大口化することに。

恐らくグリル面積だけで見たらレクサスのスピンドルグリルを上回るレベルではないか?と思われ、フロントインテークグリルも無いため、空気を流し込むポイントはフロントグリルのみになりそう。

そして足回りは大幅にリフトアップされ、フェンダーモールは艶有りブラックで高級感を演出しつつ、足もとのブロンズ仕上げとなる鍛造アルミホイールや蛍光イエローのブレーキキャリパーはそのまま流用しているようです。


リヤデザインはまさかの新型アリアそのまま

リヤデザインを見ていくと、リヤテールランプが一文字の直結風に見えることから、ベースとなるモデルは100%ピュアEVモデル・新型アリア(New Ariya)で、その滑らかで流麗なスタイルもアリアそのもの。

サイドスカートやリヤロアバンパーも艶有りブラックに設定されているので全くチープ感はありませんし、両サイド1本出しのデュアルエキゾーストパイプがインストールされることで、いかにもがガソリンモデルであることを強くアピールしているのが良くわかるかと思います。

これも意外とありそうで無かった新型フェアレディZの4ドアセダン仕様

そしてこちらは、登場しそうで意外と登場してこなかった4ドアセダン仕様の新型フェアレディZ。

ベースとなるモデルは新型シルフィ(New Sylphy)で、流石にこのボディスタイルだと不細工と言いますか…Vモーショングリルの方が一番しっくりくるようなデザインに思います。

リヤデザインは流石にZ32からインスパイアされた水平基調の2灯式で、少し反り上がったトランクスポイラーやボディカラーと同色のリヤディフューザー、そしてCピラーにはさりげなく”Z”のエンブレムバッジを貼付するなど、できる限り新型フェアレディZに近づけようという努力は伝わってくるのではないかと思いますね。

☆★☆新型フェアレディZ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Refernce:Behance

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう