チェコから世界最強の頑丈さとオフロード性能を持つ「スクールバス」が登場。最低地上高340mm、水深900mmまでなら水中走行も可能だ

世界で最も安心できそうだけど過激なスクールバスが登場

日本や海外では、一目で”どこの学校”なのかがわかるような個性的なボディカラーやデザインを持つスクールバスが存在しますが、今回チェコから”世界最強の頑丈さとオフロード性能を持つスクールバス”が世界初公開されています。

そのバスというのが、トルサス・プレトリアン(Torsus Preaetorian)と呼ばれる見るからに頑丈そうな一台で、トルサスと呼ばれるチェコ・プラハに拠点を置く会社が特別に製造した中型バスなのだそう。

以前にもトルサスは、全長8.45mの中型バスベースの超頑丈なキャンピングカー・プレトリアン・オーバーランダー(Praetorian Overlander)を製造していて、一般のキャンピングカーに対して+2,000mm~+3,000mmロングなのが特徴的であり、圧倒的なオフロード性能と快適性を実現した実力あるメーカーとしても有名です。


その見た目はランドローバーのような武骨さがある

過去にもトルサスはスクールバスを何度か製造した経験を持っているとのことですが、今回はその最新モデルとして登場していますが、どことなくフロントヘッドライトのデザインと雰囲気はランドローバー風。

ボディスタイルとしては非常に背高い印象で、そこまでワイド感はないものの、フロントロア部分にはスキッドプレートを装備することで頑丈さをアピールしています。

トルサス・プレトリアンのオフロードスペックやパワートレインはどれ位?気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう