遂に来た!フルモデルチェンジ版・スズキ新型ソリオが発表前に完全リーク!11月25日の発表に向けていよいよ公式ホームページも公開予定か?

2020-11-23

引き続き新型ソリオ/ソリオ・バンディットのリーク画像をチェックしていこう

①:新型ソリオのリーク画像

ここからは各モデルのエクステリアとインテリアを見ていきましょう。

外観はより洗練されたデザインで、グレードはHYBRID MZ、ボディカラーはピュアホワイトパール、水平基調のオラオラっぽいフロントグリル、ロア部分はメッシュに近いグリルパターンを採用することで、全体的に大口化してアグレッシブに変化。

フロントインテーク周りには、逆L字のメッキ調と思われるインテークフレームが設けられ、フロントフォグランプも設けられていますが、フロントヘッドライト含めかなり立体的で高級感のある顔つきに変化しましたね(正直スズキとは思えないほどの変貌っぷり)。

ボディスタイル自体は大きな変化は無いものの、全長+80mm延伸することで後席の居住性は大幅アップするでしょうし、足もとのアルミホイールもスポーティなデュアル7スポークタイプでかなり良い感じに仕上がっていますね。

インテリアのメーターやナビ、エアコン、シフトノブのレイアウトは基本的に変わらないものの、メーター表示もデジタルに変更され、エアコンのデザインもスタイリッシュに変更されているのがわかりますね(トヨタ新型ルーミーに迫るカッコよさかもしれない)。

ちまみにこちらが、フルモデルチェンジ前の現行モデルとなるソリオ。

安っぽい雰囲気のあったソリオですが、今回のフルモデルチェンジで一気にそれを解消してきてますね。


②:新型ソリオ・バンディットのリーク画像

続いてはカスタムタイプの新型ソリオ・バンディットで、グレードはHYBRID MV、ボディカラーはメロウディープレッド×ブラックの2トーンカラーを採用し、フロントマスクはどこかホンダN-BOX Customを意識したかのようなデザインに。

それにしても…現行ソリオ・バンディットに比べて一気に顔つきが洗練され、メッキ加飾があることで高級感も一気にアップしていますね。

足もとのアルミホイールデザインも、現行バンディットのものを踏襲しながらもスパイラル形状に変更し、ダークなレッドとの相性も抜群。

インテリアは光の反射で少し見づらいものの、新型ソリオとほぼ同じだと推測。

そしてこちらが現行ソリオ・バンディット。

基本的なボディスタイルはそこまで変わりませんが、やはりフロントマスクの印象が大きく変化していますね。

新型ソリオには電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドが搭載される?

そして個人的に最も気になっているのが、新型ソリオにアダプティブクルーズコントロールに全車速追従走行を追加するとのことで、この情報が正しければ新型ソリオ/ソリオ・バンディットに電動パーキングブレーキが標準装備されることになり、より一層の商品力アップにつながることに(現行は足踏み式のサイドブレーキ)。

これが装備されるだけでも、現行ソリオから乗り換えるオーナーも多数存在すると思われますが、電動パーキングを装備する目的としては、先述の通り競合モデルとなるマイナーチェンジ版・トヨタ新型ルーミー/ダイハツ新型トールがこれを採用してきたからだと思われます。

▽▼▽新型ソリオ/ソリオ・バンディットの見積もり記事はコチラ!▽▼▽

【フルモデルチェンジ版・スズキ新型ソリオ/バンディットの簡易カタログ! Suzuki New Solio Bandit Catalog】

☆★☆スズキ新型関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう