フルモデルチェンジ版・トヨタ新型ハリアーの買取価格が大幅下落中!季節柄もあるが、台数も増えて一気にその価値も下がることに

意外と新型ハリアーの相場下落は早かったようだ

さてさて、2020年11月に入ってから一気に街中で目撃するようになったトヨタのフルモデルチェンジ版・新型ハリアー(Toyota New Harrier)ですが、つい先日中古車買取業者のスタッフさんとお話する機会があり、「そういえば新型ハリアーの買取相場ってどうなりましたか?」と聞いてみると、結構驚きの結果になっているようで…

っというのも、こういった年末になると登録年(令和2年→3年に切り替わる)の関係やボーナスの絡みで買取相場が一気に下がっている傾向にあり、しかも2020年7月~10月は昨今の諸事情で飽和状態だった中古車市場がバブル期に入り、買取相場が一気に上がったとのこと。

ただその時期も完全に過ぎてしまい、11月に入ってから新型ハリアーの登録台数が一気に増えたこと、程度の良い個体(新古車含めて)がどんどん市場に出回ったことが重なり、現在はかなり下降状態に入っているんですね。


私の新型ハリアーを再査定して頂くことに

そこで私も気になって新型ハリアーの再査定を依頼してみたのですが、私が当時購入した際の乗り出し価格と、2020年8月に行った一括査定では以下の通り。

【新型ハリアー2.0LガソリンZ”Leather Package”(2WD)見積もり内容(10%税込み)】

①車両本体価格:4,230,000円

②メーカーオプション:155,100円
・プレシャスブラックパール:55,000円
・225/60R18タイヤ&18×7Jアルミホイール(切削光輝+ブラック塗装):標準
・本革(ブラウン):0円
・パノラミックビューモニター(シースルービュー機能付き):60,500円
アクセサリーコンセント(ラゲージ右側1個)AC100V/100W:8,800円
・置くだけ充電:13,200円
・寒冷地仕様:17,600円

③ディーラーオプション:59,510円
・フロアマット(エクセレントタイプ):41,800円

・キー付きホイールロックナット:11,000円
・盗難防止機能付きナンバーフレームセット:6,710円

④税金・保険料他:261,160円

総支払額(①+②+③+④):4,705,770円

総支払額としては約471万円で、新車本体価格としては423万円となるため、新車本体価格からどれだけの残価率となっているのかを見ていきましょう。

【2020年8月当時の一括査定結果】

・BIGMOTOR(ビッグモーター):428万円(残価率101%)
・Gulliver(ガリバー):440万円(残価率104%)
・カーセブン①:420万円(残価率99%)
・カーセブン②:426万円(残価率100.7%)
・SUVランド:433万円(残価率102%)

・トヨタディーラー:415万円(残価率98%)

全体的に100%に近い数字が出ていて結構良い感じでしたね。

2020年11月に再査定した新型ハリアーの買取価格をチェックしていこう

そして2020年11月現在での中古車買取業者の買取査定価格は以下の通り。

【2020年11月の査定結果】

・中古車買取業者①:345万円(残価率82%)
・中古車買取業者②:358万円(残価率85%)

何と8月に比べて約350万円辺りまで一気に下落することに。

もちろん、この背景には走行距離(約2,500km)や、先ほどの球数が増えてきたという背景もありますが、その買取業者さんの情報によれば、まだこの買取金額は高い方で、2020年12月以降に入れば更に下落する可能性は非常に高いとのことでした。

さすがにそこまで早く売却する方も少ないとは思いますが、「現在の新型ハリアーの買取相場はこれぐらいですよ」という情報だけお伝えできればと思い情報展開しています。

私の新型ハリアーに関する納車後インプレッション/燃費/メンテナンス/維持費などのはコチラにてまとめております。

☆★☆新型ハリアー関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう