早速出てきた!フルモデルチェンジ版・ホンダ新型ヴェゼルのリーク画像でイメージレンダリング。無塗装ではなくグロスブラック仕上げであれば商品力アップ!

2月18日のワールドプレミアまで様々なイメージレンダリングが登場しそうだ

いよいよ2021年2月18日に世界初公開予定となっている、ホンダのフルモデルチェンジ版・新型ヴェゼル(Honda New Vezel、海外名:HR-V)ですが、発表直前に特許画像が完全リークされ、フロント・サイド・リヤビューがほぼ明確になりました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

既に海外カーメディアもリーク画像を大きく取り上げていますが、今回はリーク画像をもとにボディカラーを追加したら?というレンダリングが公開されています。

早速どういったデザインに仕上げられたのかチェックしていきましょう。


高級感の中にスポーティさを加味したブルーの新型ヴェゼル

こちらが今回、海外カーメディアWapCarによって作成された新型ヴェゼルのイメージレンダリング。

水平基調且つ新型オデッセイ(New Odyssey)/N-ONE Premiumにも採用のハニカムグリルが備えられた高級感のあるデザインですが、フロントヘッドライトは新型インサイト(New Insight)風で、中央に設けられているはずの単眼LEDヘッドライトは省略されているようにも見えます。

なおヘッドライト上部のシームレスなLEDデイタイムランニングライトですが、当ブログに入ってきた様々なタレコミ情報によるとウィンカーがターンシグナル(反転)する形で、点滅もしくはグレードによって流れるタイプのシーケンシャルウィンカーが設定されるそうです。

なお今回リークされている特許画像にはパノラマガラスルーフが装備されていないため、最上位グレードとなるe:HEV PLaYではなさそう(e:HEV PLaYのみパノラマガラスルーフと2トーンカラーが標準装備される)。

ちなみに水平基調のグリルパターンについては、メッキ加飾を施すことでオラオラ顔に近い印象を与えていますが、若干マツダCX-8っぽく見えてしまうのが残念。

この他、無塗装の素地ブラック扱いになるであろうフロントスポイラーやフロント・リヤフェンダー、サイドスカート部分はグロスブラック仕上げへとグレードアップしていますが、ディーラーオプションによってはグロスブラック仕上げのパーツが準備される可能性も高そう。

リヤビューは特許画像と若干異なる?

そしてこちらがリヤデザイン。

リークされた特許画像のようなテールランプや、センター非直結式の一文字風テールランプ(もしくはガーニッシュ?)ではなく、過去に公開されたレンダリングベースのU字型テールとメッキ加飾されたテールゲートガーニッシュが使用されていますが、この点は大きく変更されているのが不思議。

リヤロアバンパーも素地ブラックではなくグロスブラック仕上げで、マフラーは片側1本出しと非常にスポーティ。

完全リークされた新型ヴェゼルのリヤビューはトヨタ先代ハリアーにそっくり?更にイエロー系の新型ヴェゼルも!気になる続きは以下の次のページにてチェック!


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう