トヨタ現行クラウンが遂に2022年3月に受注停止へ!更に同年夏頃には16代目にフルモデルチェンジ予定でセダンから順次展開…新型クラウンクロスも?

2022-01-28

トヨタ新型クラウンはクーペライクなセダンだけでなく、クロスオーバーや最上級グレードも準備中?

via:撮影:三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

っというのも、トヨタは新たな隠し玉として、既に一部情報リークされている新型クラウンクロス(Toyota New Crown Cross)も本格的に市販化するとの情報があり、トヨタディーラーでも近日中に勉強会が開催される予定。

トヨタは全セグメントSUVを網羅し、他社を寄せ付けない圧倒的な販売スタイルで「顧客の選択肢を拡大する」考えを示していますが、おそらくその答えの一つとして、クラウンのSUV化が含まれているのだと思われます。

次期クラウンでは、クーペライクなセダンに加え、全高と最低地上高を高くするクロスオーバー(SUV)、そして最上級グレードとしてマジェスタ(Majesta)の名が復活予定となっていて、特にマジェスタはアドバンスドドライブの進化系を搭載するとの情報もあるため、この辺りの差別化や装備内容にも注目したい所ですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽


内装も大幅に進化?ディスプレイオーディオ(DA)やメーターにも期待

そして最も気になるのが内装ですが、現行後期仕様でも12.3インチのワイドディスプレイオーディオが搭載されていますが、次期モデルでも引き続き12.3インチが搭載されるのか、それとも新型タンドラ(Tundra)/セコイア(Sequoia)/レクサス新型NXのように14インチの巨大ディスプレイオーディオが搭載されるのかは不明。

メーター類も、トヨタを代表するセダン/クロスオーバーモデルになるのであれば、競合他社に引けを取らない12.3インチのフルデジタル液晶メーターにも期待したいところですし、細部の質感にも注目したいところです。

☆★☆クラウン関連記事5選はコチラ!☆★☆