フルモデルチェンジ版・トヨタ新型シエンタのグレード別主要装備(一部)を公開!新型ノア/ヴォクシー/ハリアー同様に上位グレードへと誘う内容に

2022-07-23

引き続き、(2023年)トヨタ新型シエンタのグレード別主要装備をチェックしていこう

新型シエンタの中間グレードGの主要装備はこうなっている

続いては、トヨタ新型シエンタの訴求グレードになるであろう中間グレードGの主要装備をチェックしていきましょう。

【新型シエンタ・中間グレードGの主要装備一覧】

◇エントリーグレードXの主要装備内容を追加

◇両側パワー電動スライドドア

◇15インチアルミホイール(シルバー加飾)

◇バックガイドモニター

◇スマートエントリー&スタート

◇8インチディスプレイオーディオ(新世代コネクティッドナビ対応)+6スピーカー+車載通信機

◇オートエアコン

◇ブラインドスポットモニター[BSM]+パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)

◇デジタルインナーミラー(前方録画機能付き)+ETC車載器

◇インテリアカラー(カーキ)(メーカーオプション)

◇ハンズフリー両側電動スライドドア(メーカーオプション)

◇デジタルインナーミラー(前方録画機能付き)+ETC2.0車載器(メーカーオプション)

◇パノラミックビューモニター[PVM](メーカーオプション)

◇コンフォートパッケージ(メーカーオプション)
・フロントシートヒーター(運転席・助手席)
・ステアリングヒーター
・本革巻きステアリングホイール
・スーパーUVカットガラス

◇天井サーキュレーターシステム+ナノイーX(メーカーオプション)

◇撥水機能付きシート表皮(メーカーオプション)

◇10.5インチディスプレイオーディオPLUS(新世代コネクティッドナビ対応)+6スピーカー+車載通信機(メーカーオプション)

先程のエントリーグレードXに比べると、メーカーオプションの数が減って標準装備が充実していますし、両側パワースライドドアが標準装備されるのは嬉しい所。

ちなみに中間グレードGからは、新型ノア/ヴォクシー同様に10.5インチのディスプレイオーディオPLUSがMOPにて設定可能になりますが、敢えてオーナー目線での評価とさせていただきますが、使い勝手や不具合などが解消されていなければ、個人的にはあまりおススメとはいえない機能だと考えています。


新型シエンタの上位グレードZの主要装備はこうなっている

最後は、トヨタ新型シエンタの上位グレードZの主要装備をチェックしていきましょう。

【新型シエンタ・上位グレードZの主要装備一覧】

◇中間グレードGの主要装備内容を追加

◇ハンズフリー両側パワー電動スライドドア

◇運転席7インチTFTマルチカラーメーター

◇本革巻きステアリングホイール

◇ロールサンシェード

◇15インチアルミホイール(ダークグレー塗装)

◇アダプティブハイビーム[AHS]

◇消臭+撥水機能付きシート表皮

◇15インチアルミホイール(シルバー塗装)(メーカーオプション)

◇トヨタチームメイト(Toyota Teammate)(メーカーオプション)
・アドバンスドパーク(Advanced Park)
・パーキングサポートブレーキ(後方歩行者接近)

◇コンフォートパッケージ(メーカーオプション)
・フロントシートヒーター(運転席・助手席)
・ステアリングヒーター
・スーパーUVカットガラス

概ね想定はしていましたが、やはり上位グレードへと誘うような装備内容で、しかしメーカーオプションが想像以上に少ないのがグッドポイント。

ただ、新型ノア/ヴォクシーに装備されているようなヘッドアップディスプレイ(HUD)や安心降車アシスト(SEA)の設定が無いのはちょっと残念なところであり、エントリーコンパクトミニバンという立ち位置を守るため致し方ない所なのかもしれません。

その分車両本体価格はアップしてしまうと思いますが、今回は中間グレードGでも十分商品力は高いと考えています。

新型シエンタ関連記事