フルモデルチェンジ版・ダイハツ新型ムーヴキャンバスのインテリアも完全リーク!センターメーター廃止&フローティングディスプレイを採用したトレンドデザインに

2022-06-28

新型ムーヴキャンバスの内外装デザインはある程度明確になったのではないかと思う

2022年7月5日に発表・発売予定となっているダイハツのフルモデルチェンジ版・新型ムーヴキャンバス(Daihatsu New Move Canbus)ですが、前回はフロントマスクやボディカラーが掲載された簡易カタログがリークされましたが、今度はインテリアやリヤデザインも完全リークされています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

フロントマスクやリヤデザインに関しては、基本的に初代ムーヴキャンバスをベースとしたキープコンセプトで、よりキュートで立体的な表情を持たせつつも、日産のVモーションラインを描くフロントバンパーを採用することにより、若干の迫力も加味されています。

今回のフルモデルチェンジは、ユーザーにとっては賛否あるデザインだとは思うものの、その分機能面での正常進化や、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドがG/Gターボにて標準装備されるなど、商品力としては非常に高くなっていると思います。

それでは早速、新型ムーヴキャンバスの内装がどのように変化したのかチェックしていきましょう。


リークされた新型ムーヴキャンバスのリヤデザインとインテリアをチェックしていこう

via:iwa

早速、リークされた新型ムーヴキャンバスのリヤデザインとインテリアをチェックしていきましょう。

今回のリーク元も、グーグルマップコントリビューターiwaになりますが、モデルグレードはホワイトの2トーンカラーを標準装備するストライプス(Stripes)で、ボディカラーはレイクブルーメタリック×シャイニングホワイトパールルーフ。

ボディスタイル自体は、後席スライドドアを採用するトールワゴンタイプにロングルーフを採用することで、後席の居住性も確保。

ホワイトの配色も基本的には同じですが、リヤテールランプのクリアテールレンズの面積がほぼなくなり、レッドのテールが採用されています。

現時点ではリヤテールランプとリヤウィンカーがフルLEDとなるかはわからないものの、先代からのイメージの変化はそこそこ大きいと考えられます。

ちなみにこちらが、現行ムーヴキャンバスのリヤクォータービュー。

ホワイトの配色は基本的に変わりませんが、やはりリヤテールランプ意匠が変更されているのが確認できますね。

ホイール意匠も若干異なるようにも見えますが、新型も14インチアルミホイールキャップを全グレード装着するため、この辺りの装備内容は大きく変わらなそうです。

14インチホイールはグレードによって異なる

なお参考までに、新型ムーヴキャンバスのホイールデザインは、以下の通りグレードによって若干異なるので注意してください。

【(2023年)新型ムーヴキャンバスの14インチアルミホイール】

◇Theory X・・・シルバー塗装

◇Theory G・・・シルバー×グレー塗装

◇Theory Gターボ・・・シルバー×グレー塗装


◇Stripes X・・・シルバー塗装

◇Stripes G・・・シルバー×パールホワイト塗装

◇Stripes Gターボ・・・シルバー×パールホワイト塗装

この他の新型ムーヴキャンバスのグレード別主要装備は、以下の関連記事にてまとめていますので、検討されている方は参考にしていただけますと幸いです。

▽▼▽関連記事▽▼▽

新型ムーヴキャンバスのインテリア(メーターやディスプレイ、シートカラー等)は、以下の次のページ(2ページ目)にてチェック!