レクサス・新型「LS」試乗予約実施。レクサス渾身のフラッグシップモデル、後席試乗も検討

2020-05-26

レクサス渾身のフラッグシップセダンモデル「LS(Luxury Sedan)」のフルモデルチェンジ版の試乗予約が完了。
試乗の予約を入れたのは、いつもお世話になっているレクサス宝塚さん。
約10年ぶりにフルモデルチェンジを果たした5代目「LS」ですが、今回試乗予約を完了するにあたり、やはり大きく注目される個体だけあって、常に予約で埋まっている状態。

なぜ常に予約が埋まっているのかというと、車体サイズが全長5,235mm×全幅1,900mm×全高1,450mmと、前モデルとなる「LS460L/LS600hL」よりも更にロングな全長となるため、購入を検討しているユーザーが、実車を自宅ガレージに持ち込んで収容できるかどうかを確認するために丸一日ディーラからレンタルするというケースも多く、結果的にディーラに試乗車が無いということから試乗不可能というケースが頻発しているとのこと(恐らく他のディーラでも同様のことが発生していると考えられる)。


今回は、たまたま試乗できる機会が設けられたとのことで早速試乗予約を完了させ、前モデルから一体どれだけの変更が加えられたのかをしっかりと確認していきたいところですね。
なお、試乗させていただく個体はハイブリッドモデルの「LS500h F SPORT」。
ボディカラーはF SPORT専用カラーのホワイトノーヴァガラスフレークと、水色掛かったホワイトとなります。

インテリアは、新色且つF SPORT専用のウルトラスエードタイプのフレアレッド。
欧州車を意識したかのような過激なダークローズ風のスポーツシートとなりますが、実際の色合いとしてはもう少し赤の色合いが強いように感じますね。

車体剛性や乗り味、加速性能等はレクサスが自信を持って世に送り出した一台であるため、質が高いことはわかりきっていることなのですが、その期待値をどれだけ上回ってくるのか、そして前モデルから比較するに劇的な変化はあったのか、F SPORTグレードとなると足回りの硬さがラグジュアリーモデルにとってどのような印象を与えるのかを細かくインプレッションしていきたいですね。
そしてこの日は、友人も「LS」を試乗されるとのことなので、併せて後席(社長席)試乗も体験し、どれだけ充実した乗り心地が提供されるのかを確認していきたいところ。

レクサス宝塚さんにて展示されている新型「LS」に関するレビュー記事は以下にまとめています。

【関連記事】
レクサス・新型「LS」を見てきた。日本を代表するフラッグシップ高級サルーン、その複雑さと美しさにため息【エクステリア編】
レクサス・新型「LS」を見てきた。日本文化と匠の技術を駆使した美の集大成【インテリア編】
レクサスの新型「LS」の簡易カタログを入手。レクサスの本気度が伝わってくる一冊

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう