何これ超カッコいいんですけど。ACシュニッツァーがBMW「8シリーズ・クーペ」専用ボディキットを初公開

2020-05-27

あまりにもカッコ良過ぎる「8シリーズ・クーペ」が登場

12月1日よりタイ・バンコクにて開催するエッセンモーターショー2018にて、ドイツの名門チューナ・AC Schnitzer(ACシュニッツァー)が、BMW「8シリーズ・クーペ」専用ボディキットを世界初公開します。
今回公開されるBMW「8シリーズ・クーペ」は、空力特性を向上させるカーボンパーツを装備し、足回りを大幅強化、更にはエンジンチューニングによりパフォーマンスを向上させています。


一体どんなところをカスタムするの?

まず外観についてですが、強力なダウンフォースとバランス性能を向上させるためにカーボンファイバ製のフロントスポイラー・エレメントやマッチング・フロント・スプリッター、サイドウィング、ベント用カーボンカバーを装備。

リヤデザインを見ていくと、カーボンファイバ製レーシングウィングやリヤディフューザー、そして直径105mmのカーボンスポーツエキゾーストシステムも装備され、隅々まで攻撃的なデザインを採用しています。

足回りやエンジンも更に強烈に

足回りについては、AC Schnitzer製サスペンションスプリングキットをインストールし、フロントを約20~25mm、リヤを約10~15mmローダウンすることで低重心化し、より顕著に最適化された走行ダイナミクスとコーナリング性能の強化、そして快適性も損なわない完璧な足回りに仕上げられているとのこと。

エンジン性能においては、上位グレードの「M850i xDrive」とディーゼルグレードの「840d xDrive」共にチューニングキットを準備中で、「M850i xDrive」は最高出力530ps→600ps(+70ps)/最大トルク750Nm→850Nm(+100Nm)まで向上し、「M840d xDrive」は最高出力320ps→380ps/最大トルク680Nm→780Nmへと向上することが見込まれています。

☆★☆「8シリーズ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう