今日のプリウス…フェラーリ「ポルトフィーノ」風フロントバンパーを移植したとんでもないトヨタ新型「プリウス」がカーセンサーにて販売中。販売元となる山口県の愛情も注ぎ込まれ価格は非常にお求めやすい350万円から

2020-05-27

~完全にあのモデルを意識したコンプリートモデルに~

インターネット中古車サイト・カーセンサーにて、とんでもないカスタムを施したトヨタ新型「プリウス」が販売されています。
今回このモデルを販売しているのは、山口県下松市にあるシーザーさんというところで、このモデル以外にも数多くのカスタムカーなどを販売しているショップになりますね。

早速その気になる「プリウス」を見ていくと、モデルベースは新型の50系Sグレードとなりますが、フロントバンパーが完全に移植された表情と、「50系プリウス」本来の奥行きのあるフロントヘッドライトが上手くマッチしてなのか、完全にフェラーリのエントリーモデルとなる「ポルトフィーノ」を意識したモデルとなっています。


~実は山口県をモチーフにしたデザインもチラホラと見え隠れしている~

これを考案したセンスあるチューナーがalbermo社のコンプリートモデルということで、トヨタ本来のホワイトパールと更にオリジナルで追加されたレッド・ホワイト・グリーンのイタリアントリコローレ風ストライプも加味され、非常にオシャレに仕上がっていますね。

ちなみにこのストライプですが、レッドとホワイトが日本を意味していて、グリーンは山口県の緑を意識してトリコローレ風に仕上げたそうです(グリーンの意味はちょっと無理やり?)。

そしてフロントエンドには、トヨタのCIエンブレムではなく、フェラーリっぽいイエローと跳ね馬…ではなく山口県の県鳥でもある鶴をイメージしたエンブレムに仕上げているとのこと(このあたりのユーモア性は素晴らしい)。

~細かいところまでフェラーリを意識したデザイン~

リヤデザインはそこまで大幅な変更は施されていませんが、足元にはフェラーリの特徴的なスター形状のブラックペイントされた5スポークアルミホイールを装着しているものの、実際にはRAYS製の19インチVOLK RACING GO25アルミホイールを装着しているそうです。

そのほかの装備内容としては、アルパイン製BIG-X9インチナビゲーションディスプレイやプリウス専用バックカメラ付、純正フロアマットラグジュアリータイプ、純正ETCボス連動タイプ、リヤ3面フィルム施行、RS-Rダウンサスといったオプション総額140万円相当が全て装備され、ここから更に55万円ほど値引されるそうです。

ちなみにこちらが本物のフェラーリ「ポルトフィーノ」。
エントリーモデルらしい親しみのあるデザインが非常に好評。

改めてこちらが特徴的な「ポルトフィーノ」風の「プリウス」。
「プリトフィーノ?」と呼んで良いのかわかりませんが、山口愛も感じられるカスタム内容になっていて、これで車両本体価格は350万円であり、おまけに燃費も30km/h以上、レギュラーガソリン仕様ですから、非常に環境にもお財布にも優しい一台だと思います。

☆★☆「今日のプリウス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう