フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ハリアー」は例の社会問題の影響で本当に生産・発売時期を遅らせるのか?実際にトヨタ・ディーラーにて確認してきた

2020-05-27

~当ブログにも問合せがかなり来ている新型「ハリアー」の発売延期の噂について~

2020年4月8日にワールドプレミアし、6月17日に発表、そして6月8日に生産開始が予定されているトヨタのフルモデルチェンジ版・新型「ハリアー(Toyota New Harrier)」ですが、以前当ブログでもお伝えした通り、現在大きな問題となっている例の社会問題の影響で生産・販売延期になるかもしれない?という噂が浮上している、という記事をご紹介しましたが、これはあくまでも噂レベルであり、確定情報ではありません。

正式にトヨタ側から発表されたことでもありませんが、2月末現在でそう言った生産遅れや販売遅れが生じる可能性があるのか?を実際にトヨタディーラーにて確認してきました。


~今のところ正式な生産・販売遅れなどの情報は入ってきていない~

既にトヨタメーカー側から全国のトヨタディーラーに向けて配信された新型「ハリアー」概要では、4月8日にワールドプレミアし、6月8日に生産開始、6月17日に記者発表というスケジュールも記載されていますが、2020年2月28日現在においても、いつもお世話になっているトヨタディーラーではこの点の変更は聞いていないとのこと。

トヨタディーラーの担当セールスの方も、「ワールドプレミアのタイミングは、4月8日よりプレスデーを予定しているニューヨークオートショー2020だと思われる」とコメントしていますが、つい先日、3月3日に開催されるはずだったスイス・ジュネーブモーターショー2020がキャンセルとなったことを考えると、ニューヨークオートショー2020も直前になってキャンセルもしくは延期となる可能性は十分に考えられるかもしれません。

そうなると、ワールドプレミアの時期がズレてしまう?という考えもある十分にあり得るのですが、一方で先日の日産・新型「ルークス(Nissan Roox)」のように、オンライン上のみでのワールドプレミアも考慮していることも考えられるので、この辺りはトヨタとしても色々と案を検討しているのではないかと思いますね。

ちなみに、ジュネーブモーターショー2020がキャンセル・中止となった理由は、スイス連邦評議会の閣議決定により、1,000人を超える大規模なイベントを開催することを3月15日まで一律に禁止したためで、アメリカはアメリカで独自の規定により中止もしくは開催を敢行する可能性もありそうです。

したがって、2月末現在での新型「ハリアー」のワールドプレミア・生産・発表・発売時期については、明確に時期が遅れるといった確定情報はなく、あくまでも噂レベルでしかありませんが、もしかすると3月中旬に各ディーラーにて配布される予定の新型「ハリアー」スタッフマニュアルにて具体的なスケジュールなどが記載されているかもしれません。
その際には、当ブログにて判明次第すぐに情報展開していきたいと思います。

☆★☆新型「ハリアー」関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう