群馬の高級旅館「伊香保温泉・香雲館」に行ってきた!最高級の洋風&和風のミックススイートルーム”金閣”の部屋内を細かくチェックしていこう【動画有】

2020-05-27

スポンサーリンク

~テルマエ・ロマエのロケ地にもなった温泉の聖地へ~

さて、つい先日群馬県の日産「スカイラインGT-R R32/R33/R34/GT-R R35」専門店・クラフトスポーツさんとレクサス高崎さんに訪問した後、念願だった伊香保温泉の高級旅館・香雲館に泊まってきました。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~今回は宿泊した最上級スイートルーム「金閣」をご紹介~

今回は宿泊した部屋内をご紹介していきますが、部屋のグレードは最上級スイートの「金閣」。
非常に広々とした間取りで、とても旅館とは思えない程の高級感に満ち溢れた内容になっています。

それではまずは「金閣」の入り口を見ていきましょう。
他にラインアップされている「松竹梅」や「漆」「風」といった部屋とは異なり、上のように入口が門のようなものが設けられ二重タイプになっています。

それでは早速、金閣へ入ってきましょう。

廊下はまさかの洋室貴賓

入り口のドアを開けてみると、いきなり洋風の間取りに。

ろうそく調の照明によって気品さが一気に高まっていきます。

壁画にも気品さがにじみ出ていますね。

突き当りには謎の像が門番のように見張っていますが、若干子供が怖がっていたのが印象的でした。

トイレも非常に洋風で「ここって旅館なの?」と疑問も

廊下のすぐ近くには洋風のトイレ。

女性には優しい生理用品なども準備されています。

トイレットペーパーは三角折りで、香雲館のロゴ付き。
こういった配慮も素晴らしいですね。

洋風ツインベッドルームも広々で快適

トイレのすぐ近くには洋室のルインルームも完備。

子供もかなりテンションが上がっていて、すぐにベッドにダイブしていました。

~ダイニングルーム~

続いてはダイニングルームを見ていきましょう。
「ここ本当に和風旅館なの?」と思わせるほどに、今のところ入口手前以外は和の要素が一切ありません。

4人用の机の上には気になるものが…?

何とお茶菓子が準備されています。
香雲館では、おもてなしとして群馬県の名産となるこんにゃく大福が出てくるとのこと。
一般的な大福に比べて非常にモチモチとしていて、とても柔らかい食感。
中にはあんこが入っていますが、適度な甘みでお茶に良く合います。

おや…こちらは?

なんとコチラもおもてなしとなる小梅とショウガの漬物。
ショウガの漬物は、適度な甘みと辛味が相まってご飯が欲しくなるレベル。これは持ち帰りたい…

こちらは金閣専用のカギ。
フクロウさんとセットになっています。

この他にもフロント用の電話やメモ帳なども配備。

お花も美しいですね。

そしてネスプレッソメーカーも準備。
これだけの種類が準備されながらも、全て無料というのも有難いです。
このあと4種類ほどおいしくいただきました。

湯沸かし器ももちろん準備されています。

テレビ台の下はどうなっている??

こんな感じでガラスコップやティーカップも準備。
ティーカップのデザインがまぁ美しいこと。

こちらはお茶セットも準備。

そしてこちらは冷蔵庫。
実はここに入っているソフトドリンクやアルコールも全て無料。
私は全くお酒が飲めないので、ノンアルコールビールやペリエ等の無糖炭酸も用意されていてとても有難かったです。

冷蔵庫に入っているドリンク以外にも、夜9時までであれば、上のドリンク・アルコール類が全て無料でオーダーできるサービスも提供されていました。
これはとても有難いですね。

こちらは謎の引き出し。

最後はたばこ用の灰皿も準備。

フクロウ型の灰皿も準備されていますね。

~ようやく和の世界へ…~

洋室のダイニングルームの先には、ようやく和の雰囲気が。
まずは右の部屋に向かいましょう。

こういった雰囲気も非常に好み。

洗面所は少し洋の雰囲気を残しつつ…

こちらは洗面所。

アメニティグッズもかなり充実していますし、全てが高品質。
個人的には歯ブラシの質感がとても高くて使い心地も良かったです。

洗面所の反対側にはタオルやドライヤも完備。

こんな感じで竹が設けられ、タオルを吊るすことができます。

おトイレの床はまさかの畳?!

そしてすぐ近くには和室のトイレ。
男性は可能な限り座って用を足しましょう。

トイレットペーパーも三角折りでロゴ付きの配慮。

~ようやく浴室へ!~

そしてここからは室内浴室。
檜や石畳を使っているところもまた素敵。

DHCのシャンプーやリンス、ボディソープも準備されていますね。

浴槽は檜で匂いも良かったです。
もちろん、ここ以外にも共用の大浴場も準備されています。

4人でも十分な広さを持つ露天風呂

そしてこちらが浴室から移動できる部屋内露天風呂。
まさか各部屋に露天風呂が用意されているとは…

24時間常に温かいお風呂が入れるのは嬉しいですね。

露天風呂から見渡せる美しい緑。

これだけで群馬に来てよかったと思える瞬間ですね。
そして雲一つない快晴になって本当に良かったと思います。

ちなみに日本酒や地酒好きの嫁さんはというと…

夜の露天風呂で快適に地酒を楽しんでいました。これも高級旅館ならでの醍醐味ではないかと思います。
ちなみに私は冷えたウーロン茶を飲んで疑似的な背徳感を。

~ここからは旅館らしい和室の世界へ~

最後は和室を見ていきましょう。

こちらが10帖の和室。
かなり広々としていて、ようやく旅館の部屋に来た感じです。

旅館からはテラスも眺めることができて非常に快適。
空気もかなり澄んでいます。

テレビの横にはこんな感じで和のモノが多数そろえられています。

アクセサリー入れ等もありますね。

何と茶室も付いているぞ!

そしてこちらはとても楽しみにしていた茶室。

こんな感じで坪庭も設けられています。

いや~掛け軸もあったり、金箔の壁で高級感があったりで凄く良いわ~

っということで、茶道を極めし嫁さんにお抹茶を立てていただきました。

茶筅や陶器等のお抹茶セットを持参していたので、このあとこんにゃく大福と美味しくいただきました。
こうした高級旅館で頂くお抹茶も格別です。

 【群馬県の高級旅館「伊香保温泉・香雲館」の”金閣”に泊まってみた!】

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう