まるでGTスポーツ並みのスタイリング。リバティーウォーク(LB)がレクサス「LC」を過激カスタム

日本を代表する過激チューナー・リバティウォーク(LB Performance)が、レクサスのフラッグシップクーペ「LC」をカスタム。
レクサス「LC」は、2012年のパリモーターショーやデトロイトモーターショーにて公開した「LF-LCコンセプト」とほぼ同じデザインとスタイリングを持ち、コンセプト時代からLBは同車のカスタムに大きな意欲を見せていたと言います。
実際に「LC」が市販化されてから、LBは何度も試作に試作を重ねてカスタムを行い、ようやくアグレッシブなボディキットを完成。

スポンサーリンク

パーツ素材としては、FRPとCFRPがラインナップされており、カスタム費用にして約160万円~約230万円と幅広い対応が可能となっています。

カスタム内容としては、フロントリップやサイドスカート、アグレッシブスタイルのリヤディフューザー、ブーツマウントウィング、そしてLBの象徴ともいえるリベット留めの外付けオーバーフェンダーを装着。見た目はGTスポーツ並みのスタイリングを持ちますね。
リヤテールパイプは、純正からLB特注のチタン製両サイド2本出しに交換し、軽量化を図っています。

ホイールデザインももちろん変更が可能となっているため、この辺りは事前のシミュレーションにて確認することができるとのこと。

【リバティーウォーク(LB)の人気関連記事】
お次はリバティーウォークがアウディ「R8スパイダー」を過激カスタム。航空宇宙グレードの鍛造ホイールを装着だ
極太ホイールが強烈。リバティーウォーク仕様のダッジ「チャレンジャー」が公開に
世界でたった1台。リバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が遂に完成
BMW「M4」をリバティーウォーク(LB)仕様に過激チューン。ホイールは20~22インチまで対応可能
リバティーウォークがカスタムしたホンダ「NSX」。ローダウン&オーバーフェンダーレスを改めて画像にて
ホンダ「S660」のリバティーウォーク(LB)仕様が遂に登場。オバフェン効果でスマートスポーツから極悪スポーツへ
リバティーウォーク(LB)仕様のフォード「マスタング」が10月9日のJ NATIONにて登場。ティーザー画像も公開
ビバリーヒルズにて、リバティーウォーク(LB)仕様のランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃に。これが世界で活躍するLBだ
ホットピンクのリバティーウォーク(LB)仕様・ランボルギーニ「アヴェンタドールSVロードスター」が公開。所有者はあの有名な日本人
こいつはかなりヤバい。ロンドンにて、リバティーウォーク仕様のランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃に

Reference:CARSCOOPS

関連記事:かなりイケてる。ラフヴェルトがレクサス「LFA」のワイドボディキットを公開

主に国内を拠点とし、ポルシェやレクサスをメインに手掛けるチューナーのラフヴェルトがレクサス「LFA」のワイドボディキットを装着したレンダリング画像を公開に。
なお、このレンダリング画像を手掛けたのは数多くのスーパーカーの予想レンダリング画像を公開してきたYasidDesignのため、ラフヴェルトとYasidDesignのコラボしたレンダリングと考えても良さそうですね。

このカスタマイズされた「LFA」ですが、21インチの極太大口径鍛造ホイールに、フロント・リヤ共にオーバーフェンダーを装着。
足回りは非常に派手に仕上げられていますが、意外にもエアロは装着されておらず、かなりシンプルな仕上がりになっています。

なお、「LFA」はこれまであまりチューナーによるカスタマイズ画像等は公開されていませんでしたが、リバティーウォーク等の有名処も手掛けたいとのアプローチが多いとのことで、今後はカスタマイズカーやチューニングカーが増えてきそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう