マツダ「魁(カイ)・コンセプト」がジュネーブにて登場。欧州モデルに負けぬ存在感

先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて、マツダの新たなるハッチバックモデル「魁(カイ)・コンセプト」が出展されています。
この個体は、次世代「マツダ3/アクセラ」を示唆するコンセプトモデルとなりますが、ダイナミックな魂動デザインを特徴としたスタイリッシュな5ドアハッチバックモデルで、今年後半にデビュー予定。
コンセプトデザインの約70%が市販車両に取り込まれる可能性が高いとのことですが、個人的にはこのまま市販化すれば売れることは間違いなさそう…。

スポンサーリンク

「魁・コンセプト」は、フォルクスワーゲン「ゴルフ」を競合とするDセグメントハッチバックとなりますが、まずはスペック面以外のところでの近年の高級志向にあるマツダ・デザインは世界に通じるプレミアムハッチバックになりそうです。

インテリアにおいては、完全なるデジタル・インストルメント・クラスター(オプション)、大型ヘッドアップディスプレイも装備され、マツダの先進的な技術とデザインを積極的に取入れていきます。

そして、マツダがこれから大きく力を入れていくであろう技術がSKYACTIV-X技術。
この新世代ガソリンエンジン技術は、排気量2.0LのSKYACTIV-Gと比較して、最大30%の燃焼効率をもたらし、環境に優しいだけでなく、出力やトルク、加速、スロットルレスポンスの改善にも繋がる優秀なエンジンで、ゆくゆくはハイブリッド技術にも応用されるのだとか。

次期「アクセラ/マツダ3」には、SKYACTIV-Xエンジンを初めて搭載する最初のモデルとなり、ブランドの重要性を更に高めることとなります。

【関連記事】
マツダのSKYACTIV-Xはハイブリッドトレインを生み出す重要なエンジン。2019年には発表か?(2018/1/22投稿)
マツダの新たなハッチバックモデル「カイ・コンセプト」が遂に公開(2017/10/25投稿)
マツダがSKYACTIV-Xとは異なる、ツインターボとスーパーチャージャーを良いところ取りした新たな特許を取得。(2017/8/22投稿)
早くもマツダ・次期「アクセラ」の開発車両を捕捉。ドアサイドパネルには「SKYACTIV-X」の表記(2017/9/2投稿)

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう