レンテックがメルセデスベンツAMG「GT R」を過激カスタム。585馬力→836馬力とか反則じゃない?

BMWやアウディといった欧州モデルを専門に手掛けるレンテックが、メルセデスベンツAMGのトップモデル「GT R」を過激カスタム。
AMGの「GTシリーズ」の中でも、最も過激でスポーティな「GT R」ですが、基本的なパワートレインは排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力577hp、最大トルク700Nmを発揮しますが、今回レンテックがカスタムしたのは、エンジン出力を段階的にチューンアップ可能とするアップグレードパッケージを発表しました。

スポンサーリンク

具体的には、顧客の要望に応じて最大出力620ps~836psまでチューニング調整でき、その出力に調整されることで最大トルクも最大850Nmまで設定することが可能となっています。
もちろん、ただ単純にエンジン出力を向上させるためのアップグレードを行うだけでなく、ブローオフバルブ、ハイフローエアフィルタ等もセットすることで、よりダイナミックなターボの恩恵を受けることになります(追加でトランスミッションとクラッチも強化されます)。

外観においては、今年初めにTop Marques Monacoにて初公開されたカーボンファイバ製フロントカナード、シャープなサイドスプリッター、特別な2段階構成のリヤウィング、アグレッシブなフロントバンパーといったユニークなエアロパッケージが装着。

足回りについては、超軽量ともいえるグリーンのアクセントが加えられたVossenホイールに加え、スーパースティッキー・ミシュラン製パイロットスポーツ・カップ2ZPタイヤをセットします。

なお、このアップグレードパッケージの価格帯については特に言及していませんが、最低でも1,500万円は発生するとのことで、最高出力836psにまで強化するともなれば、もしかするともう一台「GT R」が購入できる金額まで跳ね上がるのかもしれません。

【レンテック関連記事】
国内未発売のメルセデスベンツ「G500カブリオレ」をレンテックがカスタム。「AMG G55」並みにパワーアップ(2018/4/9投稿)
レンテックがメルセデスベンツAMG「GT R」を過激チューン(2017/11/5投稿)
RENNtechがメルセデスベンツ「G500 4×4²」をカスタム。500馬力超えのハイパワーオフロード(2017/10/8投稿)

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう