アルファロメオ初のSUV「ステルヴィオ」が遂に日本でも発売スタート。初回400台はファーストエディションも登場

「ステルヴィオ」が遂に日本導入へ

アルファロメオ初のSUVモデルで、ニュルブルクリンクSUVモデル最速記録を打ち立てた「ステルヴィオ」が遂に日本でも発売スタート。
今回発売した「ステルヴィオ」は、アルファロメオとしては最も背の高いモデルとなり、走行性能は「ジュリア」に負けずとも劣らずで、FCAブランドの名に恥じないハードな走りにも対応可能。

「ジュリア」と同様のアルミニウムを多用したジョルジオ・プラットフォームを装備し、アンダーの出にくいスタビリティ―コントロールを楽しめる一台になっています。
そのため、スタイリングとしてはSUVというよりも、ホットハッチモデルの「ジュリエッタ」を少し大きくした感じで、全体的なバランスは相当に高いのではないかと考えられます(車体サイズは全長4,690mm×全幅1,905mm×全高1,680mm)。

スポンサーリンク

性能は間違いなくSUVカテゴリの中でもトップクラス

足回りとしては、アルファロメオ独自で築き上げた四輪駆動システム”アルファロメオQ4”を採用し、可変トルク配分機構をフロント軸最大50%、リヤ軸最大100%を設定可能にした過激なハンドリング性能を実現します。

グレードについては、本来であれば”ベースグレード/スーパー/クアドリフォリオ”の3種類をラインナップするところ、今回は初回生産400台のみ限定となるファーストエディションから販売スタート。
パワートレインは、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力280ps、最大トルク400Nmを発揮。燃費はJC08モードで11.8km/L。
トランスミッションはZF型8速ATのみで、パフォーマンスとしては0-100km/h加速時間が5.7秒となっています(SUVモデルとしてトップクラスの加速性能)。

4ドアセダン「ジュリア」を意識したデザイン

外観としては、アルファロメオらしい丸みを活かしたコンパクトなスタイリングで、同社のシンボルでもある盾形グリルと大口ともいえるエアインテークを装備(このあたりは「ジュリア」の意匠を継承していますね)。

フロントヘッドライトにはバイキセノン式を採用し、デイタイムランニングライトはLED、そしてボディ全体の軽量化を図るために、エンジンフードやドアアウターパネル、フロントフェンダー、リヤハッチにはアルミニウムを採用しています。

リヤデザインも「ジュリア」の印象を残しながらも、クロスオーバーとは思えぬスタイリングを表現。
リヤマフラは両サイド1本出しのストレートとなっています。

これだけ充実した機能性を持って689万円は破格じゃね?!

インテリアは、スポーティな外観とは打って変わって上質な印象。
フルレザーシートを標準採用し、電動式8wayパワーシート、パドルシフト、ジョン性認識機能付きインフォテイメントシステム、ハーマンカードンプレミアムオーディオシステムといった豪華機能を標準装備しています。
安全装備については、歩行者検知機能付き衝突警報システムや前方障害物警告、自動緊急ブレーキサポート、レーンデパーチャーウォーニング、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニタも標準搭載しています。

ボディカラーについては、「アルファホワイト(100台分)」、「アルファレッド(100台分)」「ストロンボリグレー(100台分)」「ブルカノブラック(100台分)」と、生産台数は400台限定のため、各色100台分に制限されています。
なお、車両本体価格は689万円となっていますが、オプション内容によっては750万円以上になる可能性が高そうです。

☆★☆「ステルヴィオ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

アルファロメオ「ジュリア/ステルヴィオ」の限定モデルがニュルを走る。その迫力を動画にて【動画有】(2018/6/17投稿)
遂に来た。アルファロメオ「ジュリア・クーペ」のハイブリッドモデルと「ステルヴィオ」以上の大型SUVが6月に発表予定(2018/5/15投稿)
アルファロメオが、ニュル最速記念モデル「ジュリア/ステルヴィオ・ニュルブルクリンク・エディション」を公開(2018/3/2投稿)
アルファロメオ「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」が正式発売へ。ニュルSUV最速モデルの魅力は?(2017/11/3投稿)
意外なダークホース。アルファロメオ「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」がニュルブルクリンクにてSUV最速記録を樹立(2017/9/29投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう