メルセデスベンツ「C220d/ステーションワゴン」がリコール。排ガス状装置等が停止して保安基準に適合しなくなる恐れ有り

ディーゼルモデルにまたもやリコール発令

自動車ニュースサイト・Responseより、メルセデスベンツ「C220dステーション」等にリコール。
リコールの内容としては、排気ガス差圧センサに不具合があるとのことで、排気ガスの差圧センサ製作時において、センサ出力の公差設定が不適切なために、使用過程においてエンジンコントロールユニットが故障を検出するものがあるとのこと。
そのため、エンジン警告灯(MIL)が点灯し、排気ガス浄化装置(DPF)および排気ガス再循環装置(EGR)が停止して、保安基準第31条の基準に適合しなくるおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク


リコールの対象となるのは、2015年8月25日~2016年4月6日に輸入された「C220d/C220dステーションワゴン」の2車種で、合計2,012台がリコールとなります。

改善措置については、全車両、差圧センサを良品と交換する、リコール作業を行う予定となっています(不具合0件・事故0件)。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

メルセデスベンツに110車種17万台超えの大規模リコール発令。意図せずエアバッグが展開する恐れ有り(2018/7/5投稿)
改善対策という名のリコール。トヨタ「ジャパンタクシー」のシフトロック不具合にて勝手に動き出す恐れ有り(2018/7/4投稿)
シトロエン「C4カクタス」にリコール。走行中にボンネットが開くだと?!(2018/7/3投稿)
フェラーリ「458イタリア/カリフォルニア」等がリコール。タカタ製エアバッグに不具合有り(2018/6/29投稿)
ポルシェ「パナメーラ」がリコールで販売中止。リヤアクスルに不具合有り(2018/6/27投稿)
シボレー「コルベットZR1」に早くもリコール。エアバッグが展開せず死亡のリスク上昇(2018/6/23投稿)
ホンダ「S660」とスマート「フォーフォー」にリコール。センサやECU関連に不具合有り(2018/6/21投稿)
VW「ゴルフ/シロッコ」等10万台以上の大規模リコール。既に1,000件以上ライト類が点灯しない不具合有り(2018/6/21投稿)
スバル「レガシィ/インプレッサ」にリコール。燃料ポンプ不具合で走行中にエンストの恐れ有り(2018/6/14投稿)
マツダ「CX-8/CX-5」のディーゼルモデルがリコール。エンジンが始動しなくなる恐れ有り(2018/6/14投稿)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう