アウディのオールEVモデル「e-tronセダン」はテスラ「モデルS P100D」並みの加速力を持つ?→恐らくアウディ史上最速モデルに

「e-tronセダン」はアウディ史上最速モデルに?

アウディの次世代オールエレクトリック・スポーツセダンモデル「e-tronセダン」について、新たな情報が発覚。
この個体は、SUVモデルの「e-tron」に比べて性能が大きく重要視されるモデルであるとともに、アメリカの100%電気自動車・テスラ「モデルS」のハイパフォーマンスモデル”P100D”並みの加速性能を持つことが明らかとなりました。

スポンサーリンク

0-100km/h加速時間は2.5秒?もはやスーパーカー並

アウディのパワートレイン部門トップを担うSiegfried Pint氏によれば、「SUVモデルのe-tronと同様の航続可能距離400kmを達成するだけでなく、パフォーマンスに特化したモデルとなっており、驚異的な加速力を発揮する」と説明しています。

もし、アウディがテスラ「モデルS P100D」並みの加速性能を持つならば、0-100km/hの加速時間は約2.5秒と、アウディのラインナップモデル史上最速となり、「R8」よりも優れた性能に留まらず、セダンとしての実用性にも長けたモデルとなることが大いに期待されますね。
なお、「e-tronセダン」に採用されるバッテリ技術は、ポルシェから何らかの技術を踏襲する事になるかと思われ、オールエレクトリックモデルとして更なる派生版にも適した大容量バッテリになることは間違いないでしょう。

充電技術においては、この個体専用に設置される350kWの高速充電器を使用すると、僅か12分以内にて80%まで充電することが可能であることも確認済み。
これは、先日発表されたオールエレクトリックSUVモデル「e-tron」の150kW専用高速充電システムが30分で80%も充電できる技術よりも大幅に短縮されることになるため、より内燃機関モデルの給油スピードにまで迫る勢いとなっていますね。

気になる「e-tronセダン」ですが、この個体は来月より開催のロサンゼルスオートショー2018にて、コンセプトとして発表される予定となっています。

☆★☆アウディ・EV関連記事5選はコチラ!☆★☆

アウディの最上位EVモデル「e-tron GT」の充電機能は僅か12分で80%に。この技術は他のモデルにも採用へ(2018/9/28投稿)
アウディは2025年までに12車種のEVモデルを販売。「e-tron GT」は年末のロサンゼルスオートショーにて登場(2018/9/20投稿)
アウディの電気自動車「e-tron」が世界初公開。価格は約830万円から、アメリカではファーストエディションが999台のみ販売(2018/9/18投稿)
アウディの次期「R8」はV10エンジンからオールEVで1,000馬力発揮へ。プラットフォーム等も大幅に変更される?(2018/9/7投稿)
アウディのフラッグシップEVモデル「e-Tron GT」が2020年に登場。2025年までには20種類のEVモデルも(2018/3/16投稿)

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう