ポルシェの2018年販売台数が公開。2017年に比べて+4%アップ、やはり最も売れているのはSUV勢

ポルシェが年間販売台数を発表。前年比よりも高い256,255台を記録

ポルシェが2018年の年間販売台数を発表。
マクラーレンやフェラーリ、ロールスロイス等が販売台数を徐々に伸ばしていく中、ポルシェも256,255台と前年比+4%とほんの少しだけ販売台数を増やしました。

売り上げ台数の増加に貢献したモデルとしては、主にSUVモデルとなる「マカン/カイエン」となりますが、「マカン」はモデルチェンジの影響もあって86,031台、「カイエン」も続く形で71,458台、そしてその次には実用度の高い「パナメーラ」で38,443台で前年比+38%と高い数値を記録しています。
一方で「911シリーズ」も全て併せて35,573台ととても高く、前年比+10%以上の高い推移を見せています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

車両別では高い数値を見せるも国別では少し苦しいところも

ポルシェ幹部のDetlev von Platen氏も、「911の魅力的な能力はこれまでになく強力になった。ロサンゼルスオートショー2018では、新型911(992)を発表したばかりですが、このモデルが登場したことでお客様に強いインスピレーションを与えることに成功した」とコメント。
2019年も新しい「911シリーズ」が数多く登場する予定のため、更に販売実績を見込めると予測しています。

一方で国別の販売台数記録としては、中国が2017年の71,508台に比べて+12%アップとなる、80,108台を記録。それに続く形でアジア/アフリカ/中東は前年比+10%となる108,578台、アメリカは前年比+4%となる70,461台を記録。
しかし、その一方で欧州・ドイツは最も苦しい市場となり、それぞれ77,216台(前年比-4%)/27,541台(前年比-3%)と唯一マイナスを示しています。
これはおそらくディーゼルゲート問題の影響もあって、「マカン/カイエン」の売行きが低迷したものと考えられています。

Stuttgart, Germany. A strong year for the Stuttgart-based sports car manufacturer: Porsche AG delivered 256,255 vehicles worldwide in 2018 – more than ever before. This represents a growth of four per cent compared to the existing record figures of the preceding year. Of the model series, the Panamera recorded the strongest percentage growth with a 38 per cent increase to 38,443 deliveries. The 911 also recorded a double-digit rise: despite the release of a new generation of 911, the number of sports cars delivered increased by ten per cent to 35,573 vehicles.

“The 911 capacity to fascinate is stronger than ever,” comments Detlev von Platen, Member of the Executive Board responsible for Sales and Marketing at Porsche AG. “We just celebrated the world premiere of the new 911 at the end of the year at the Los Angeles Autoshow, and yet our sports car icon once again inspired more customers in 2018 than in the previous year.” The Macan was still the most successful model by volume with 86,031 vehicles, just ahead of the Cayenne with 71,458 deliveries.

China: again the largest individual market

The Chinese market held on to pole position for deliveries again in 2018. Growth in this market hit twelve per cent amounting to 80,108 units in total. In second place was the USA, with an increase of three per cent to 57,202 vehicles. Deliveries in Europe came in slightly below the previous year’s figures. “The switch to the new WLTP test cycle and gasoline particle filters in Europe mean that we faced significant challenges in the fourth quarter of 2018, and these will continue to be felt in the first half of 2019. On top of that, we stopped offering models with diesel engines in February 2018,” Detlev von Platen added.

☆★☆ポルシェ不祥事等・関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう