アウディの2019年版ロードマップがリーク。新型「A3/Q4」等、その他EVやRSシリーズも多数登場だ!

遂に2019年版のロードマップがリーク!

アウディが2019年に発表するであろうロードマップがリークしています。
今回リークしているロードマップ画像は、Periodismodelmotorによって公開されたもので、一部デザインが明確になっているモデルも公開されていれば、完全にヴェールで包まれたモデル(特に秋冬以降)等が明確に表記されています。

スポンサーリンク

2019年はとにかくEVモデルが多く登場する

今回新しく登場するモデルの中で、まず最初にアンヴェールに包まれているのが「A6 Allroad(オールロード)」。
このモデルは「A6 Avant」をベースにしつつ、プラスチックボディクラッディングと若干アップする車高、そしてよりステーションワゴンチックに変化するボディスタイルやフロントグリルの一部変更等が施されると考えられ、これについては7月~9月頃に登場する可能性が高そうです。

エンジンオプションについては未定ではあるものの、「A6 Avant」からキャリーオーバーすると考えられ、そのパワートレインとしては排気量3.0L V型6気筒ターボチャージャーTFSIエンジンを搭載し、最高出力340ps/最大トルク500Nmを発揮すると予想。
加えてディーゼルモデルとなる排気量3.0L V型6気筒ディーゼルエンジンもラインナップすろ予想され、これについては最高出力286ps/最大トルク620Nmを発揮すると思われます。

このモデルの他にも、ほぼ同時期に登場するであろう新型「TT RS」ですが、これは新デザインのフロントバンパーと改良されたグリルが装備され、更にはスポーティなサイドスカートと最新のリヤテールライトが装備されます。

パワートレインについては、排気量2.5L 直列5気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力400ps/最大トルク480Nmを発揮すると予想。
パフォーマンスについては、0-100km/hの加速時間が3.6秒、最高時速は280km/hにまで到達するものと思われます。

遂にフラッグシップモデルもEV化へ

そしてもう一つ注目すべきは、全く新しいラインナップモデルとなる最新クロスオーバーモデル「Q4」と「RS7 Sportback/Q5 e-tron/A7 e-tron」でしょうか。
これらのモデルは10月~12月の秋冬にかけて登場する予定で、アウディのラインナップモデルから徐々にEVを増やしていくことになりそうです。

そして最後は新型「A3/RS6 Avant/RS Q3/A8 L e-tron/e-tron Sportback」でしょうか。
アウディも遂にフラッグシップモデルからオールEVが登場するということで、一体どのような価格帯にて登場してくるのかしっかりと注目していきたいところです。

なお、新しく登場する「RS6/RS」については、排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジンが搭載されるとの噂があり、最高出力605/最大トルク800Nmを発揮することが期待されています。

☆★☆アウディ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう