レクサス「LS/IS」に1万台超えのリコール。ランフラットタイヤの組付け不具合→新品のタイヤに交換してもらえるぞ!

レクサスの現行モデルに危険な不具合アリ!

レクサスの現行セダンモデルとなる「LS500/LS500h/IS300/IS350/IS300h」の5車種・計13,391台にリコール。
リコールの内容としては、ランフラットタイヤにおいてタイヤとホイールの組付工程が不適切なために、タイヤのサイドウォール内面補強層に亀裂が発生するものがあるとのこと。
そのため、そのまま使用を続けると異音や振動が発生してしまい、最悪の場合、トレッドの一部が剥がれて走行安定性を損なうおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していませんが、不具合件数は48件にも及ぶとのことです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/車種名/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

○DBA-VXFA50/「LS500」/VXFA50-6000001~VXFA50-6003742/平成29年10月11日~平成30年7月20日/3,728台
●DBA-VXFAA50/「LS500」/VXFA55-6000001~VXFA55-6000795/平成29年10月11日~平成30年7月20日/790台
○DAA-GVF50/「LS500h」/GVF50-6000000~GVF50-6004438/平成29年8月23日~平成30年7月20日/4,422台
●DAA-GVF55/「LS500h」/GVF55-6000000~GVF55-6004363/平成29年8月23日~平成30年7月20日/4,345台
○DBA-GSE30/「IS300」/ASE30-0004809~ASE30-0005641/平成29年9月21日~平成30年7月11日/21台(ランフラットタイヤ装着車限定)
●DBA-GSE31/「IS350」/GSE31-5032427~GSE31-5032665/平成29年12月15日~平成30年1月29日/3台(ランフラットタイヤ装着車限定)
○DAA-AVE30/「IS300h」/AVE30-5066825~AVE30-5073585/平成29年9月11日~平成30年7月13日/77台(ランフラットタイヤ装着車限定)
●AA-AVE35/「IS300h」/AVE35-0001995~AVE35-0002230/平成29年9月15日~平成30年4月24日/5台(ランフラットタイヤ装着車限定)

改善措置としては、全車両、ランフラットタイヤを新品と交換する、というリコール作業を行うとのことですが、今回のリコール前に報告されている不具合が24件(事故は0件)発生しており、それは全て市場から情報によって届けられたもの。
つまりは、メーカ側にて発見することのできなかった問題でもあるため、徹底した品質管理を謳うレクサス・トヨタとしてはかなりのマイナスポイントになるのではないかと推測しています。

ただその一方で、今回の不具合により事故が発見されなかったことが唯一の救いであり、加えてこれからランフラットタイヤを交換しようとしていたオーナーにとっては”無償にて新しいタイヤに交換してもらえる”ということですから、この辺りはラッキーとポジティブに受け止めるに留めていた方が良いのかもしれません。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

スズキ「スペーシア/クロスビー/マツダ・フレアワゴン」にリコール。車載通信コントローラ不具合によりエンジン始動できない恐れアリ(2019/2/21投稿)
三菱「アウトランダーPHEV」に1万台超えのリコール。エアフローセンサー不具合により走行不能の恐れアリ(2019/02/17投稿)
ボルボ「V60/S60/XC60/V40」に計8,000台超えのリコール。ディーゼルモデルにのみ燃料漏れの恐れアリ(2019/2/16投稿)
日産「エルグランド/シビリアン」に8万台超えの大量リコール。燃料計に不具合アリで走行不可能の恐れアリ(2019/2/14投稿)
フェラーリやメルセデスベンツ、テスラ等のモデル含む約170万台にリコール。タカタ製エアバッグに不具合有りで死者も20人以上に
スズキ「アルト」等やフォルクスワーゲン「ポロ」にリコール。燃料漏れやエンストなどの恐れアリ(2019/1/24投稿)
今度はアルピナも追加リコール。ディーゼルモデル不具合により火災の恐れアリ、これでBMW・MINI・アルピナあわせて30車種以上のディーゼルモデルがリコールに(2019/1/22投稿)
トヨタ・レクサス「プロボックス/カローラ・ルミオン/IS C/IS F」に3万台超えのリコール。タカタ製エアバッグに結果アリ(2019/1/17投稿)
スズキ・新型「ジムニー」に早くもリコール。フロントディファレンシャルの組付け不具合で走行不能の恐れあり(2018/12/28投稿)
フォード「Fシリーズ」など約87万台にリコール。寒冷地には必須ともいえるブロックヒーターの不具合で火災発生の恐れアリ(2018/12/23投稿)

Reference:LEXUS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう