【レンダリング】ブガッティのワンオフ&約14億円もするワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」のオープンモデルはこうなる?とりあえず18億円ぐらいの値段はしそうな勢いだ

やっぱり出てきた14億円のオープンモデルレンダリング

先日より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、ブガッティがフォルクスワーゲングループの元CEOであるFerdinandPiech氏のためだけに1台だけ製造したとされる究極のワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」が世界初公開されましたが、このモデルをベースにしたオープンモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール・ロードスター」が登場したら?というレンダリングが公開されています。

ジュネーブにて公開された個体は、グロスブラック仕上げのカーボンボディに仕上げられていましたが(車名はフランス語で「The Black Car」すなわち”黒い自動車”を意味)、今回のレンダリングとして公開された個体は、Voiture Blueと呼ばれるブルー系のボディカラーにて身を纏い、更には足元のホイールとタイヤ側面にはブラウン系のアクセントが加えられた何とも渋い一台となっています。

スポンサーリンク

オープンモデルとしての価値も相当に高くなるであろう「ラ・ヴォワチュール・ノワール」

ただ、今回公開されているモデルはあくまでも予想レンダリング。
実際に市販化される予定のない幻のモデルとなりますが、クーペモデルで約14億円の価値があるのであれば、ロードスターモデルはオープントップになることで更にボディ剛性を高めつつ、全体的なスタイリングの改良も必要になってくることを考慮(要はデザイン料が異常に発生)すると、概ね18億円以上になってくるのではないか?と勝手に予想しています。

パワートレインについては、これまで登場してきた「シロン/シロン・スポーツ/ディーヴォ」同様に排気量8.0L  W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮。
パフォーマンスについては一切不明ですが、恐らく「シロン/シロン・スポーツ」とそこまで大きく変わらないのではないか?と推測しています。

なお、今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのAksyonov Nikita氏で、市販モデルをオープンモデルやシューティングブレーク、SUV等さまざまな派生モデルを描く有名デザイナーでもありますね。

☆★☆ブガッティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう