レクサス「LCコンバーチブル」がグッドウッドフェスティバルにてデビュー!いよいよ量産化に向けて加速?

~「LCコンバーチブル」がグッドウッドにてデビュー!~

2019年1月にアメリカ・デトロイトモーターショー2019にてデビューしたレクサスの最新オープンスポーツモデル「LCコンバーチブル・コンセプト」ですが、来月7月4日より開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2019でも登場することが明らかとなりました。

スポンサーリンク

~「LCコンバーチブル」の市販化の可能性はある?~

今回登場する個体は、デトロイトモーターショーにて登場した個体とほぼ変化ありませんが、既に市販化されている「LC500/LC500h」同様のクーペスタイルをオープンにしただけで、シートレイアウトや外観のデザインはほぼ変わらないものの、トップルーフは自動車開閉式のソフトトップルーフ(ファブリック)、そしてオープンモデルとなったことで補強材などが追加され、車体重量が増加することからパフォーマンスは若干の低下がみられる思われます。

「LCコンバーチブル」のパワートレインは、クーペと変わらずで「LC500コンバーチブル」が排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力471hp/最大トルク540を発揮します。
一方でハイブリッドモデルとなる「LC500h」は、排気量3.5L V型6気筒自然吸気エンジン+電気モータを搭載し、システム最高出力354hp/最大トルク500Nmを発揮します。

市販化の可能性については、今のところレクサスは何も言及していませんが、仮に販売するとなればアメリカ価格では1,100万円以上になることは確実(参考までに「LC500」は約1,000万円、「LC500h」は1,050万円)。
競合モデルとしては、BMW「8シリーズ・コンバーチブル」とメルセデスベンツ「SLクラス」あたりが濃厚となりそうです。

☆★☆「LC」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう