【これ本当?】BMWからのOEM供給によりトヨタ・次期「ランドクルーザー」を開発?ロシアや中東の上位顧客を意識したラグジュアリーSUV登場との噂

~トヨタの大黒柱さえもBMW色に染まってしまったら…~

トヨタのフラッグシップSUVモデル「ランドクルーザー」が、将来的にV8エンジンからダウンサイジングターボ化されたV6エンジンを搭載する?との報道がありましたが、今度は新型「GRスープラ/Z4」の共同開発を行ったBMWが、次期「ランドクルーザー」をOEM供給するかもしれない?との噂が浮上しています。

スポンサーリンク

~海外の上位ユーザーをメインターゲットとしたラグジュアリーSUVに~

ソース元は、国内の自動車雑誌マガジンXで、次期「ランドクルーザー」は更なるワイドボディ化とオフロードでの走行性能、更には車内の快適性を向上させることが狙いとなっています。
具体的なターゲットとしては、ドイツ・ミュンヘンやロシア、中東の上位顧客がメインとなっていて、BMWに期待される先進的かつラグジュアリーな機能性を全て追加した一台を提供することが期待されています。

そうなると、プラットフォームやエンジン性能は全てBMW製となる可能性が高く、特にパワートレインについては「GRスープラ/Z4」にも搭載の排気量3.0L 直列6気筒ツインスクロールターボエンジンを流用する可能性が高く、ECUマッピングによってオフロードを余裕で走破できるだけの出力とトルクを得ることが考えられそうです。

またプラットフォームについても、先日日本でも発売されたばかりとなるBMWのトップグレードモデル「X7」がベースになると思われます。

もちろん、こうした噂が本当に真実になるとは到底思えませんし、既に次期「ランドクルーザー300」に関する開発がトヨタ内のみで進められていることも報道済みなので、今回の噂はマガジンXが「こんなランクル300が出て欲しい」という希望性の高い記事ではないかと考えています。

☆★☆「ランドクルーザー」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう