スズキ「アルト」の後継モデル・新型「エスプレッソ(S-Presso)」の開発車両をまたまたキャッチ!気になるフロントデザインは?

~新型「エスプレッソ」の姿が少しずつ明らかに~

インド市場をメインに販売を手掛けるマルチ・スズキが、今年中に新型クロスオーバーMPV「XL6」と、「アルト(Alto)」の後継モデルとなる新型マイクロSUV「エスプレッソ(S-Presso)」を発表・発売する予定となっていますが、今回2度目となる新型「エスプレッソ」の開発車両をキャッチ。

新型「エスプレッソ」は、Auto Expo 2018にてデビューした「フューチャーSコンセプト(Future-S Concept)」の量産モデルになると言われていて、現代のユーザーの好みとニーズに合わせた一台として登場するとのことから、かなりの期待が寄せられています。

競合モデルとしては、ルノーのコンパクトクロスオーバーモデル「クウィッド(Renaul Kwid)」が一番の候補となっていますが、早速今回の開発車両をチェックしていくと、リヤサイドビューから見ると「アルト」と比較して平らなフロントボンネットとなり、最低地上高はクロスオーバーらしくリフトアップされています。

ブラックのカモフラージュが相当に分厚めではあるものの、「フューチャーSコンセプト」のような丸っこいボディというよりかは、ちょっとカクカクした印象を受け、そのまま「アルト」の車高をアップさせた感じに思えますね。

スポンサーリンク

~気になるフロントデザインは?~

ちなみにこちらはサイドミラー越しからのフロントビュー。
残念ながらはっきりとしたフロントデザインを確認することはできないものの、フロントヘッドライトが想像以上に高い位置にあることから、フロントマスク全体が非常に大きいのか、それともアプローチアングル角が大きく、その分フロントマスクが高い位置になるのかもしれませんね。

プラットフォームについては、これは以前からのおさらいも兼ねてとなりますが、インドの地形にも適した(舗装されていない道も多い為…)パワフル且つ安定した走りを提供するためにHeartectプラットフォームを採用することにより上質な乗り心地を提供。

そしてパワートレインについては、排気量1.0L K10B型の直列3気筒エンジンとなるBS4を搭載する予定で、最高出力68ps/6,000rpm、最大トルク90Nm/3,500rpmを発揮します。
トランスミッションは、5速MT/5速ATの何れかから選択が可能となっています。

☆★☆マルチ・スズキ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:IndianAutosBlog

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう