何コレカッコいい!ホンダが「CR-V」の姉妹車で中国専売モデルとなる新型「ブリーズ」を発表。想像以上にアグレッシブで「シャトル」を意識したスポーツSUV?

~ホンダが魅力的なスポーツSUVを発表していた!~

ホンダは、2019年から2020年にかけて主要SUVモデル「CR-V」のマイナーチェンジモデルを発表する予定ですが、一方で中国市場向けに販売する広汽ホンダ・新型SUV「ブリーズ(Guangqi Honda Breeze)」を先行にて発表しました。

今回中国メディアの産業情報技術部が公開した画像を見ていくと、フロントフェイスは「シャトル/インサイト」を意識したようなスポーティなデザイン要素を持ち、フロントグリルにはクロームトリムストリップによって高級感と引き締まった顔つきを演出。
フロントヘッドライトは若干吊り上ったハウジングによりスポーティに見え、更にその下には3段式のエアインレットデザインが採用されることで、全体的にスポーティで引き締まったデザインへと仕上げられていますね。

正直、これが中国専売モデルとして販売されるのはちょっと勿体なく、是非とも日本市場でも販売してほしいですし、もしかするとトヨタ・新型「RAV4」と同じテーブルに立てるだけの競合性はあるかもしれません。

スポンサーリンク

~リヤはBMWっぽいテールランプを採用~

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプはL字形状を採用していますが、どことなく現代のBMWっぽい雰囲気を持ったデザインですね。

全体的にこんもりしたSUVには、ちょっと物足りないようなテールデザインですが、セダン系や2ドアクーペ系にはちょうど良いサイズ感かもしれません。
なおリヤテールランプは台形タイプを両サイドに1本ずつ配置したデュアルエキゾーストシステムとなっています。

気になるボディサイズについてですが、全長4634mm×全幅1,855mm×1,679mm、ホイールベース2,661mmということで、「CR-V」に比べて全長+49mm、ホイールベース+1mmとほぼほぼ同じサイズ感を持ちます。

~特別装備が充実したブラック・エディションもラインナップ~

その他にはついては、様々なオプションがセットとなった”ブラック・エディション(Black Edition)”も準備されているとのことで、その内容としてはタイヤサイズも235/65 R17 104Hと235/55 R19 101Yといったタイヤ仕様や、フロントフォグランプ、Bピラー/Cピラーウィンドウのブラックアクセント追加、ホイール・ドア・バックバンプのブラックアウト、ブラウン系のフロントクロームアクセント、フロント・リヤレーダー、カメラ付外部ミラー(右のみ)、パノラマサンルーフが全て装備されています。

気になるパワートレインについては、排気量1.5Lターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力193hpを発揮するとのこと。
気になる価格帯については明らかにされていませんが、恐らく近日中にグレード別の価格帯含め更なる詳細が発表されると思われます。

☆★☆ホンダ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Autohome.com.cn

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう