【過去最高額】マクラーレン「F1 LM」が約21億円にて落札!ブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール」の約20億円より高額ながらもイギリスメーカとしては最高額ではない?!

~マクラーレン「F1」の価値はまだまだ天井知らずと言えそう~

先週末に開催されたモントレーカーウィークRMサザビーズオークションにて、世界に僅か2台しか存在しないとされるマクラーレン「F1 LM」仕様が、驚異の19,805,000ドル(約21.1億円)にて落札されていたことがわかりました。

この落札価格は、マクラーレンとしては史上最高額の記録とされていますが、製造元となるイギリスの自動車メーカとしてはトップではなく、アストンマーティンが2017年にRMサザビーズオークションにて記録した「DBR1」の約24.7億円が最高額となります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~但し、ココ最近の超高額モデルよりは更に価値のある一台であることは確実~

もちろん、直近で販売された最新スーパースポーツモデルで世界最高額を誇るブガッティのワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール(Bugatti La Voiture Noire)」の約20億円よりも高額となるため、その価値がいかに高額であるかが良くわかるかと思います。

ちなみに、今回落札された個体は約21.1億円という金額でしたが、もう一つ存在する「F1 LM」仕様は、数年前に13,750,000ドル(約14.6億円)にて落札されているため、非常に安く感じますが、そもそもスーパースポーツモデルで10億円を超えると言うのは普通ではありませんし、この短期間で約7億円近くも価値を向上させる個体は「F1」だけなのかもしれません。

なお、今回落札された「F1 LM」は、公道仕様モデルとなる「F1」をベースに”LM”仕様にアップグレードされたもので、1995年のル・マン24時間耐久レースにて出場した5台の「F1 GTR」に敬意を表した、世界限定5台のみ製造されたオリジナルの「F1 LM」とは異なる仕様となっています(5台の内の1つはマクラーレン本社にて保管され、3台はブルネイの国王が所有、そして残り1台はアメリカのカーコレクターが所有)。

☆★☆マクラーレン「F1」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:GTSPIRIT.COM

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう