アルファロメオ初のコンパクトSUV「トナレ(Tonale)」が完全リーク。これまでとは異なる存在感、そしてリヤテールは直結式を採用か

~アルファロメオは徐々にデザイン性を若者向けに変えてきている?~

アルファロメオが現在販売するスポーツSUV「ステルヴィオ(Alfa Romeo Stelvio)」よりも、更にコンパクトなSUVモデルとなる「トナレ(Tonale)」が市販化されるとの噂が浮上していましたが、早速このモデルの量産デザインがインスタグラムページより完全リークしています(但し、現在は削除されている)。

おそらく競合モデルとしては、アウディ「Q3」やBMW「X2」、ランドローバー「レンジローバー・イヴォーク」、日産「キャッシュカイ」といったモデルが対象になると思いますが、これらに対抗できるパフォーマンスと価格帯で勝負できるかがポイントになっています。

スポンサーリンク

~コンパクトSUVらしい引き締まったスタイリングに~

早速今回リークした「トナレ」の画像をチェックしていきましょう。
フロントデザインでは、アルファロメオのアイデンティティともいえる盾形グリルが確認でき、フロントヘッドライトは非常にワイド。
グリルとライトが一体化したようなまとまりのあるデザインとなっていますが、「ステルヴィオ」よりもかなり間抜け?な顔つきになっているような気もします。

ちなみにリヤドアハンドルは、「ジュリエッタ」同様にCピラーに隠れるような形のスタイリッシュさを演出。
最近のコンパクトSUVモデル・トヨタ「C-HR」やホンダ「ヴェゼル」等でもこういった方式を積極的に取り入れていますね。

そしてこちらがリヤデザイン。
アルファロメオが当初公開したコンセプトモデルよりもトーンダウンはしていますが、センターストリップ風のテールライトを採用し、更には近年のジャガーに近いU字形状のランプを三連にて配置。

そしてリヤエンブレムの直下には「Tonale」のバッジも確認できますし、リヤエキゾーストパイプは両サイド1本だしと非常にシンプルですが、もしかするとダミーマフラの可能性もあるかもしれません。。

インテリアは、「ステルヴィオ」を進化させたような先進的なものに。
フルデジタル化されたインストルメントパネルや、新しいフローティングタイプのタッチスックリーンディスプレイ、ワイヤレススマートフォンシステム等を採用しています。

気になるパワートレインについては明らかになっていないものの、恐らくアルファロメオとしては初となるプラグインハイブリッド(PHV)を採用するモデルになるのではないか?との見方も。
このモデルの生産開始時期は2021年前半を予定しているそうです。

☆★☆アルファロメオSUV関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう