フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ/ヤリス」がまたもやリーク!遂にインテリアデザインも明らかに

~まさかここまで盛大に新型「ヴィッツ/ヤリス」がリークするとは…~

先日、フルモデルチェンジ版・トヨタ新型「ヴィッツ(Vitz)/ヤリス(Yaris)」の外観デザインが完全リークし、そのリーク画像をもとにレッドカラーに仕上げたレンダリング画像が公開されていましたが、今度は遂にレンダリングではなくレッド×ブラックの2トーンカラーとなるハイブリッド仕様が完全リークし、更にはインテリアデザインも明らかとなっています。

フロントデザインについては、前回も記載の通りフロントヘッドライトがレクサス等でも採用されている三眼LEDヘッドライトに加えて、L字型のシームレスなLEDデイタイムランニングライトを搭載。
ウィンカー部分はどこが点滅(もしくは流れる?)するのかはわからないものの、もしかするとヘッドライトハウジングの内側が点滅するかもしれませんね。

フロングリルについては、現行「ヴィッツ」のキーンルックを上手く引き継いだ形となり、しかしブラックの面積が拡大したことで非常にアグレッシブで引き締まった顔つきに進化していますが、どことなくマツダ「デミオ」のOEMモデルとなるアメリカ仕様の「ヤリス」にも似ている感はありますね(ボディカラーがレッド系なので尚更)。

~関連記事はコチラ!~

スポンサーリンク

~ボディは想像以上に引き締まったホットハッチのようなエクステリアに~

サイドからのスタイリングはこんな感じ。
サイドデザインは初めて拝見しましたが、かなり引き締まったボディで、ハッチバックと呼ぶにはちょっと程遠いレベルのコンパクトさ。
どちらかというとマツダ「デミオ/マツダ2」やプジョー新型「208」に近いホットハッチ感があり、更にリヤフェンダーの張り出しがかなり顕著なものになっていますね。

リヤデザインはこんな感じ。
こうしてみると、やはりリヤテール周りはマイナーチェンジ版・新型「C-HR」にそっくり。

リヤテールランプも直結式のセンターストリップとなり、かなりのワイド感を演出。
凹凸の激しいリヤバンパーとなっていますが、トランクルームはかなり狭そうなですし、リヤシートのレッグスペースもかなりキツそうな予感。

~インテリアも大きく変化!現行「ヴィッツ」とも比較してみよう~

そしてこちらが最も気になっていたインテリアデザインですね。
全体的には非常にシンプルですが、センターパネルには標準装備となるディスプレイオーディオが搭載され、ナビゲーションシステムや音楽関係は全てスマートフォン等の機器と連携しての操作となります。

ステアリングも高級感があり、しっかりとステアリング上部には物理スイッチが集約。
運転席側には、7インチ程のTFTマルチカラーインフォテイメントシステムや、アナログタイプと思われる加速度メータとスピードメータ等も確認できますね。

なお、センターコンソールにはシフトブーツ付となるシフトノブが搭載され、現行モデルに比べて高級感は一気にアップしています。

ちなみにコチラが現行「ヴィッツ」のインテリア。
エアコンの吹き出し口やセンターシフトノブ、そしてメータ類等がほぼ一新していることがわかるかと思います。

☆★☆新型「ヤリス/ヴィッツ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう