ホンダ新型「シビック・ハッチバック」に最上位スポーツグレード”RS”が登場!1.5リッターターボエンジン搭載で価格は約442万円から

~まさか「シビック・ハッチバック」にRSが追加されるとは…~

フィリピン市場において、ホンダの4ドアハッチバックモデルとなる新型「シビック・ハッチバック(Honda Civic Hatchback)」に最上位グレードとなる”RS”が追加されたことが明らかとなりました。

元々フィリピン市場では、”1.5 Trubo”というスポーツモデルがラインナップされていましたが、今回の一部改良により”1.5 Turbo RS”へと更にアップグレードされ、フロントエンドには”RS”バッジが貼付された特別なモデルとなります。

もちろん、このグレードが追加されたことでフロント・リヤバンパーは新しいデザインとなり、フルLEDヘッドライトやLEDデイタイムランニングライト、オートヘッドライト、LEDフロントフォグランプ、LEDテールランプ、RS専用ボディキットや17インチ専用アルミホイール(215/50 R17タイヤ)、ドアハンドルにはブラックペイント処理、自動格納式ドアサイドミラーが標準装備され、その他にも専用ボディカラーも追加されているとのこと。

ちなみにボディカラーはラインナップは以下の通りとなっています。

・[NEW]ソニックグレーパールミルクグレー(有料色):約2.2万円追加
・クリスタルブラックパール(有料色):約2.2万円追加
・プラチナホワイトパール(有料色):約3.6万円追加
・ラリーレッド
・モダンスチールメタリックグレー

スポンサーリンク

~インテリアもRS専用装備で充実に~

そのほかのアップグレード内容としては、スポーツアクセル・ブレーキペダルの採用や、7インチオーディオディスプレイへの変更(キーパッドの追加)、Honda CONNECTの追加、自動空調制御ユニット並びにレイアウト変更、レザーシートにレッドのカラードステッチ追加、ブラインドビューカメラ、Honda SENSINGが追加されます。

気になるパワートレインについてですが、排気量1.5L 直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力173hp/最大トルク220Nmを発揮。トランスミッションはCVTのみとなります。

既に受注も受け付けている新型「シビック・ハッチバックRS」ですが、車両本体価格は約442万円からとのことで、日本市場でいえば「シビック・タイプR」とほぼほぼ同じ価格帯となりますね。
今回はフィリピン市場での販売となりますが、是非とも日本市場でもマイナーチェンジのタイミングで”RS”グレードを追加ラインナップしてほしいところです。

☆★☆「シビック」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:HEADLIGHT

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう