【遂に限定商法に走ったか】マセラティが「ギブリ/クアトロポルテ/レヴァンテ」ベースの特別仕様車”ロイヤルスペシャルシリーズ”を発表。限定100台のみ、その気になる価格帯は?

~まるで宝石のような美しさを持つ特別仕様車が登場~

マセラティの主要モデルとなる「ギブリ(Maserati Ghibli)/クアトロポルテ(Quattroporte)/レヴァンテ(Levante)」をベースにした、イギリス限定100台のみ販売の特別仕様車”ロイヤルスペシャルシリーズ(Royale Special Series)”を世界初公開しました。

今回発表された個体は、宝石や絵画、そして風景といった様々な美しさとエレガンスさを調和させたようなモデルであるとして、ボディカラーについてもブルー・ロイヤル(Blu Royale)とヴェルデ・ロイヤル(Verde Royale)の2色のみをラインナップ。

スポンサーリンク

~装備内容も非常に充実で、インテリアは大人の空間を提供~

足元については、「ギブリ/クアトロポルテ」がチタン無煙炭合金ホイールとシルバーのブレーキキャリパを標準装備し、「レヴァンテ」に関しては21インチのアンテオスタッガードアンスラサイトホイールを標準装備しているとのこと。

インテリアについては、グランロッソトリムのゼニアペレッテスタレザー(タンレザーの方がイメージしやすい?)と呼ばれる高級感に満ち溢れた仕様に。

そしてオプションでは、サイドトリムにブラックのアクセントを追加したクオイオ/ピエノフィオーレと呼ばれる2トーン仕様のナッパレザーにも設定できるとのことで、こちらもエレガントでありながらスポーティにまとまったインテリアではないかと思います。

センターコンソールを見ていくと、グロスブラックに設定されたオーナメントパネルや「One of 100」と表記されたプレート等、この特別仕様車でしか得られない装備が多数ラインナップされていますね。

なお、今回の特別仕様車ではコールド・ウェザーパッケージやプレミアムパッケージ、ドライビング・アシスタンスプラスパッケージ、マセラティ・タッチコントロールプラス8.4インチタッチスクリーン、Apple CarPlay/Android Auto/Apple Siri/Bowers&Wilkinsプレミアムを搭載したオーディオシステム、電動サンルーフ、プライバシーガラス、ステアリングヒーター、リヤブラインドがすべて標準装備。

~価格は約1,130万円~、エンジンもガソリンとディーゼルから選択可能に~

気になる特別仕様車の価格帯についてですが、エントリーセダンモデル「ギブリ」が約1,130万円から、ミドルサイズSUVモデル「レヴァンテ」が約1,220万円から、フルサイズセダンモデル「クアトロポルテ」が約1,470万円からの販売となります。
パワートレインについては、全モデルが排気量3.0L V型6気筒ツインターボエンジンもしくはツインターボディーゼルエンジンを搭載します。

☆★☆マセラティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう