マイナーチェンジ版・三菱の新型「エクリプス・クロス」はこうなる?やっぱり新型「デリカD:5」顔、兄貴分の新型「アウトランダーPHEV」は更にアグレッシブ顔になると予想

~シンプルにこのまま市販化されてもおかしくないほどの完成度の高さだ~

先日、三菱のフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダーPHEV(Mitsubishi Outlander PHEV)」の開発車両に加えて、マイナーチェンジ版・新型「エクリプス・クロス(Eclipse Cross)」の開発車両も目撃されていましたが、今回は後者の新型「エクリプス・クロス」が登場したらこうなる?というレンダリング画像が公開されています。

今回レンダリング画像を作成したのは、ロシアのデジタルアーティストでお馴染みKolesa.ru氏で、過去に新型「アウトランダーPHEV」の完成予想レンダリングも作成済となっています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~新型「アウトランダー」の弟分としてデザインも少し抑え気味かも?~

そして今回公開されている新型「エクリプス・クロス」のレンダリング画像を見ていくと、フロントマスクは全体的に引き締まった内容になっており、フロントグリルは三菱のアイデンティティともいえるダイナミックシールドグリルを採用。
ただ、昨年発表された新型「デリカD:5」のようにギラギラ・オラオラのメッキ超ではなく、引き締まりを加えたブラックに仕上げることで、より洗練されたデザインになっていますね。

そして、LEDフロントヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトが更に釣り目となったアグレッシブデザインに変化し、この辺りは新型「デリカD:5」やフルモデルチェンジ版・新型「アウトランダーPHEV」に倣うものに。
おそらくフロントヘッドライトとLEDデイタイムランニングライトは同じハウジング内に設けられ、その直下にあるハウジングには、フロントフォグランプとウィンカーが搭載されていると考えられます。

こちらはリヤデザイン。
開発車両でも大きな衝撃を与えたリヤウィンドウですが、現行モデルのような2ウィンドウ式ではなく、シンプルに1枚ものになっていて落ち着いた雰囲気に。
リヤテールランプもテールゲートに向かって直結すようなタイプではなく、シンプルなL字形状に変更されています。

このほかにも、ルーフスポイラーはかなりスポーティに進化し、リヤバンパーディフューザーも若干の変更が施され、全体的に引き締まっています。

最後に気になるパワートレインについてですが、おそらくは現行モデル同様に排気量1.5L 直列4気筒ターボチャージャーエンジンと、排気量2.2L 直列4気筒ディーゼルエンジンの2種類のままと予想されます。
電動パワートレインの噂もありますが、これについては今のところ何の情報も入ってきていないとのこと。

なお新型「エクリプス・クロス」は、今後数か月以内に登場する?との噂もあるそうですが、日本市場では夏以降に登場するかもしれません。

☆★☆三菱関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう